このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

充実した性能や使い勝手の良さが魅力的

Core i7とMX150で光学式ドライブも、マルチに活躍する11万円台15.6型ノートPC

2019年05月12日 10時00分更新

文● 貝塚  編集●市川/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「m-Book N510BD-M2S2」

 マウスコンピューターの「m-Book N510BD-M2S2」はm-Book Nシリーズに位置付けられる15.6型のノートパソコンだ。CPUに第8世代のCore iシリーズ、GPUにノートPC向けのGeForce MX150のほか、M.2接続のSSDを採用している。

 試用機の構成はCore i7-8550U、GeForce MX150、8GBメモリー、256GB SSD 。ディスプレーの解像度は1920×1080ドットで、DVDスーパーマルチドライブを内蔵している。今回は外観と使用感を見ていこう。

性能と価格のバランスを重視したモデル

 m-Book Nシリーズは、位置付けとして、光学式ドライブを搭載し、比較的高性能なハードウェアを搭載しつつ買いやすい価格を実現した、性能と価格のバランスを重視したモデルとなる。

この価格で手に入るノートPCとしては、相当に優秀なモデルだ

 今回紹介する仕様機のスペックで、直販価格が11万1024円からと、確かに割安感がある。5万円以下、ときに3万円台といった格安のパソコンも珍しくなくなったが、ほとんどの場合、CPUが非力で、多少でも負荷のかかる処理が発生するユーザーにはオススメしにくいのが現状。

 そういった低価格なパソコンと比較すると、10万円ちょっとと、パソコンとしては高くなく、また異様に安すぎることもない、ほどよい価格で、グラフィックスをディスクリートで搭載しているm-Book N510BD-M2S2は、より多くのユーザーにオススメしやすいモデルだ。

 ここで少し本音を漏らすと、安価なノートパソコンのレビュー執筆時には「そのモデルが最も力を発揮できるシーンはどこか」と考えるし、ときにマシンの性能によっては結論に困ったりもするものだが、本機ではその必要は一切ない。

 ビデオ制作など、特別に大きな負荷がかかる作業を除いては、力強く対応できる性能を持っているし、オフィスで使うマシンとしては必要十分以上の性能を持っている。

前へ 1 2 3 次へ

マウスコンピューター
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune

 

マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune