このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

G-Tuneブランドのシージ推奨ゲーミングPC「NEXTGEAR i690GA4」を購入した

我が家に48回払いで購入したゲーミングPCがやってきた、ヤァヤァヤァ!

2019年05月01日 10時00分更新

文● 市川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

G-TuneブランドのゲーミングPC「NEXTGEAR i690GA4」

 3月某日、私はゲーミングPCを購入することにした。コンシューマー機(PS4など)メインのゲーミングライフから脱却し、PCゲームとの両立を実現するためである。また、もうひとつの購入理由は、PC版「レインボーシックス シージ(以下、シージ)」をプレーすること。PS4版シージを1年弱以上プレーしているうちに、PC版シージもプレーしたくなったのだ。

 とはいえ、どんなゲーミングPCを買えばよいのか私にはさっぱりだった。そこでPCに詳しい編集部の八尋にオススメを聞いてみたところ、G-TuneブランドのゲーミングPC「NEXTGEAR i690GA4」を推してきた。購入するとPC版「レインボーシックス シージ アドバンスエディション」がもらえるからだそうだ。それを聞いた瞬間、私はNEXTGEAR i690GA4に決めた。

ハイエンドモデル「NEXTGEAR i690GA4」を48回払いで購入!

「NEXTGEAR i690GA4」はゲーム実況者のふり~だ氏がおすすめする「レインボーシックス シージ」推奨モデルのひとつ。購入するともれなく「レインボーシックス シージ アドバンスエディション」がついてくる

 NEXTGEAR i690GA4のCPUはCore i7-9700K、GPUはGeForce RTX 2070を搭載したハイエンドモデルで、最新のPCゲームを快適にプレーできるという。底面の大型吸気口に水洗い可能なマグネット式ダストフィルターを搭載しているほか、サイドパネルを外せば簡単にケース内部にアクセスできるのでメンテナンスしやすい。ゲーミングPC初心者にとってありがたい設計だ。

しかし、約23万円とかなりの高額……。これはまずい

 だが、問題は価格であった。ハイエンドモデルということもあり、価格はなんと24万624円(送料&消費税込み)。まいったな、高すぎて一括で払えないよ……と思ったが、ここで諦めるわけにはいかない。そこで、48回払いでジャックスショッピングローンを組むことにした。

 通常の48回払いは、手数料約26.4%、実質年率約11.92%といった金利が発生する。しかし、購入当時、G-Tuneにてジャックスローンの手数料が無料になるキャンペーンを期間限定で実施していた(※3月末に終了)。なんと最大48回払いまで金利は0%! これは好機と感じた私は、48回払いでローンを組むことができた。2023年まで月々約5000円を支払うことになるが、憧れのゲーミングPCを手中に収めるにはショッピングローンを組むしか方法はなかった。私は一切の迷いを捨ててから、ウェブサイトでNEXTGEAR i690GA4を注文した。

左はNEXTGEAR i690GA4、右はJAPANNEXTのゲーミングディスプレー「JN-T24165FHDR」

 NEXTGEAR i690GA4が我が家に到着するまでの間、気分は「ゲーミングPCがやってくるヤァ!ヤァ!ヤァ!」だった。数日後、我が家にNEXTGEAR i690GA4がやってきた。その瞬間、ビートルズが初来日したときのような歓喜が心の奥底から湧きあがった。

 NEXTGEAR i690GA4が届いた後、タイミング良くJAPANNEXTの24型ゲーミングディスプレー「JN-T24165FHDR」も届いた。フルHD(1920×1080ドット)、約1msの応答速度、HDR(ハイダイナミックレンジ)対応、リフレッシュレート165Hzなど、PCゲームを高画質かつ快適にプレーできる。HDMIポートを備えているため、PS4と兼用することも可能。購入時の価格は2万3727円とお買い得だったので、一括で購入するに至った。

 NEXTGEAR i690GA4の開封、セッティング、後片付けを経て、PCゲームをプレーする環境がついに整った。私の悲願が叶った瞬間である。48回払いのショッピングローンを組んだ甲斐があったものだ。新たなゲーミングライフの始まりを祝して、待ちに待ったPC版シージをプレーしてみた。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

マウスコンピューター