このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファーウェイ通信第99回

トライアスロン対応や新機能「Watch Faceストア」も加わって、ますます便利に!!

ファーウェイのスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT」に高級感がある2モデル! 写真中心に詳しく紹介

2019年04月26日 11時00分更新

文● 加藤肇、ASCII編集部 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ファーウェイのさまざまな魅力的な製品を、毎回詳しくレビューしている「ファーウェイ通信」。今回はスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT」のラインアップに新たに加わった「アクティブモデル」と「エレガントモデル」を取り上げる。高級感のあるデザインがなによりの特徴である両モデルについて、写真を中心に紹介しつつ、新たに追加された機能についても触れていく。

「HUAWEI WATCH GT」に新デザインの2モデルが追加。バンドにもシリコンに変わる高耐久の素材が用いられている

ウェアラブル端末としての高機能と
高級感を持ったデザインの魅力を兼ね備えた「HUAWEI WATCH GT」

 ウェアラブル端末としての機能性と高級感あるデザインが両立したスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT」。これまで「スポーツモデル」「クラシックモデル」がラインアップされていたが、さらに「アクティブモデル」「エレガントモデル」が仲間入りした。この2モデルの外観や魅力は順番に詳しく見ていくとして、あらためてHUAWEI WATCH GTの特徴をおさらいしておこう。

 HUAWEI WATCH GTの魅力として最初に挙げられるのは、バッテリー持続時間の長さだ。スマートウォッチというと、家に帰ってくると必ず充電器に接続しないといけないイメージがあるが、本機は独自OSに加え、低消費電力エンジンとハイパフォーマンスエンジンを自動で切り替える「デュアルエンジン低消費電力システム」を採用。通常使用(※)で約2週間、最大稼動日数で約30日間という駆動時間を実現している。

※24時間着用し、心拍モニター&睡眠モニターON、測位ONでトレーニング90分、スマート通知ON、画面点灯1日200回

スマートウォッチは使わない、使わなくなったという人から聞く話が「充電が面倒」という声。本機は通常の使用シーンであれば、約2週間も利用できる

 HUAWEI WATCH GTの“GT”は、自動車の“グランツーリスモ”から着想を得たネーミングとのこと。ボディー素材には、錆びにくく、腐食もしにくいステンレスが用いられており、ベゼルはセラミック製。日常的に身に着ける物だけにデザイン面に妥協はしたくないところだが、ハイパフォーマンスを誇るギアとしての機能美とラグジュアリーな雰囲気を兼ね備えており、多くの人にとって合格点が得られるものだろう。

耐久性が高いステンレス素材のケースが美しい

 またHUAWEI WATCH GTは、ジャイロや加速度、気圧、コンパスといったセンサー類を搭載。ランニングやサイクリング、ハイキングなどのマルチスポーツに対応し、トレーニングの時間や距離、消費カロリーなどを記録できる。5気圧防水仕様のため、スイミングでも利用できる。水泳姿勢を自動的に識別し、ターン数や距離、ストローク数、消費カロリーを計測可能だ。

あらかじめトレーニングの種類を選んでおくだけで、消費カロリーなどを計測してくれる

 また、本体裏面には心拍数計測センサーも搭載。AIアルゴリズムなどを活用したファーウェイの独自技術「HUAWEI TruSeen 3.0」と組み合わせることで、高精度な心拍モニタリングが可能だ。計測した心拍数は、トレーニングの際に運動強度を調整することに役立つ。もちろん、普段の健康管理にも活用できる。

心拍計を背面に搭載しており、リアルタイムでの確認も可能

 GPS/GLONASS/Galileoの3種類の衛星測位システムを内蔵したことで、より正確な位置計測が可能になっている。ランニングやサイクリングなどのトレーニングの際には、HUAWEI WATCH GTとは別にスマホを持つ必要はなく、本機単体で実際に走行したコースを記録可能。そのデータはAndroid/iOS向けに用意された「Huawei Health」アプリで、あとから確認できる。なお、Huawei HealthアプリはHUAWEI IDと連携できるサービスも開始。同期する端末を変更しても、健康管理やトレーニングのデータを引き継げるようになった。

サイクリング時は「開始」をタップしておけば、あとは軌跡や移動量などを単体で記録してくれる

 このほか、スポーツ以外に役立つ機能として、ハーバードメディカルスクールCDBセンターの睡眠試験認証を取得した、独自の睡眠モニタリング技術「HUAWEI TruSleep 2.0」を搭載。また、メールやSNSなどの着信の通知機能、スマートフォン探索機能といったスマートウォッチならではの機能にももちろん対応している。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事