このページの本文へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第79回

PostgreSQLテクノロジに強いCitus Dataを買収

Azure Database for PostgreSQLがAmazon RDSからの移行をサポート

2019年02月12日 08時30分更新

文● 佐藤直生 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Azure Virtual Machines:Hyperledger Fabric 1.3

 IaaSの仮想マシン(VM)機能を提供するAzure Virtual Machinesで、オープンソースのブロックチェーン「Hyperledger Fabric」向けのテンプレートがアップデートされ、Hyperledger Fabric 1.3がサポートされました。

Azure Cloud Services:ゲストOSファミリ6

 Azure Cloud Servicesは、Azureの初期から提供されていた、Windows ServerベースのPaaSサービスです。

 Azure Cloud Servicesで、Windows Server 2019ベースのAzureゲストOSファミリ6が、GAになりました。

Azure Cognitive Services:コンプライアンス、統合APIキーなど

 Azure Cognitive Servicesは、画像認識、音声認識、自然言語処理といった、AIを活用したAPIサービスです。

 Azure Cognitive Servicesで、次のアップデートがありました。

  • コンプライアンス対応の強化
  • 顧客データの格納場所に関する保証事項の拡充
  • 提供リージョンの拡大
  • Azure Cognitive Servicesの複数サービスをバンドルする、統合APIキーの提供

 詳細は、次のページをご覧ください。

Azure Database for PostgreSQL:Citus Data、読み取りレプリカ

 Azure Database for MySQLAzure Database for PostgreSQLは、MySQL、PostgreSQLベースのリレーショナルデータベースサービスです。

 Microsoftが、Citus Dataの買収を発表しました。Citus Dataは、PostgreSQLデータベースをスケールアウトさせるテクノロジを持っています。Citus Dataのテクノロジは、今後、Azure Database for MySQLで活用されていく予定です。

 Azure Database for PostgreSQLで、単一のサーバー(マスター)から、同じAzureリージョン内にある最大5つの読み取り専用サーバー(読み取りレプリカ)にデータをレプリケートする「読み取りレプリカ」が、パブリックプレビューになりました。この機能は、PostgreSQLネイティブの非同期レプリケーションを使っています。

 読み取りレプリカを使うと、読み取り集中型のワークロードをスケールアウトでき、BI、レポートのシナリオでも使えます。

Azure Database Migration Service:Amazon RDS for SQL Server/MySQL/PostgreSQLからのオンライン移行

 Azure Database Migration Serviceは、データベースのAzureへの移行を支援するサービスです。

 Azure SQL Databaseは、SQL Serverベースのリレーショナルデータベースサービスです。

 Azure Database Migration Serviceで、Amazon RDS for SQL Server/MySQL/PostgreSQLからAzure SQL Database、Azure Database for MySQL/PostgreSQLへのオンライン移行が、GAになりました。

この連載の記事