このページの本文へ

工事現場にたっているかのようなバーチャルリアリティー体験を実現

パソコン工房26拠点で建設バーチャルリアリティーシステム「TREND-CORE VR」が体験可能に

2017年10月18日 19時00分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
全国のパソコン工房26拠点で建設バーチャルリアリティーシステム「TREND-CORE VR」の店頭デモンストレーションを開始

 ユニットコムは10月18日から、全国のパソコン工房26拠点で建設バーチャルリアリティーシステム「TREND-CORE VR」の店頭デモンストレーションを開始すると発表した。

 TREND-CORE VRは、福井コンピュータのCTMコミュニケーションシステム「TREND-CORE」で作成した3次元モデルデータと、ヘッドマウントディスプレー「HTC VIVE」を利用して、工事現場に立っているかのようなバーチャルリアリティー体験を実現するシステム。発注者や協力会社との打ち合わせ、住民説明、安全教育、入場者教育など、土木施工業界における3次元化により、安全・品質・工程などの各面での向上が見込まれるという。

 ユニットコム店舗での店頭デモンストレーションは、予約制で福井コンピュータの受付・同席にて実施する。

カテゴリートップへ