このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

『G-GEAR GA7J-K92/XT』

8コアCPU『Core i7-7820X』搭載のG-GEAR登場! ゲームもクリエイティブも爆速

2017年08月29日 11時00分更新

文● 林 佑樹 編集●ジサトラショータ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ベンチマーク結果は良好! CPUスコアーが際立つ

 では、さっそくベンチマークを見ていこう。構成は次の通り。

『G-GEAR GA7J-K92/XT』(カスタム構成)の主なスペック
CPUCore i7-7820X(8コア/16スレッド、3.6~4.5GHz(ターボブースト3.0時))
マザーボードASUS PRIME X299-A(Intel X299)
OSWindows 10 Home
メモリー32GB(8GB×4、DDR4、2400MHz)
グラフィックスGeForce GTX 1070(8GB)
ストレージ500GB SSD(SATA)+2TB HDD(SATA)
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
電源CWT製 650W(最大700W、定格650W、80PLUS BRONZE認証)
本体寸法およそ幅190×奥行き475×高さ435mm
重量およそ12kg
販売価格26万8164円(税込)

 ゲーミングPCとしてみると32GBの大容量メモリーが目立つのだが、ゲームと並行して本格的なクリエイティブ作業をするようなケースを考えれば、標準的な搭載量だろう。また手の込んだ動画編集が多いのであれば、メモリは128GBまで増設可能なので、すでにPCを持っている場合は現状のPCで検証してから搭載量を決めるといいだろう。

 ベンチマークは『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク』『3DMARK v2.3.3732』『PCMARK 10 v1.0.1275』『CINEBENHC R15』を実行した。なおグラフィックスドライバーのバージョンは384.94。スコアは総じて安定しており、極端に高いわけではないが、Open Broadcast Software(OBS)で録画しながらの『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク』の様子を見ると、CPUリソースに余裕を残したまま、フレームレートが落ちる様子もなかったため、ゲームのみではなく、ゲーム+αが当たり前の人に適する性能だと言えそうだ。

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク』。最高設定/1920×1080ドット/フルスクリーンの設定で平均フレームレート85.338fpsと、プレイには全く問題ない。SSDなのでローディングタイムも早め

『3DMARK v2.3.3732』のTime Spyプリセット。十二分なスコアー

『3DMARK v2.3.3732』のFire Strikeプリセット3種。Fire Strike Ultraのスコアーはやや低く、GPU性能を思いっきり要求するタイトルの場合、ある程度、設定を下げる必要もあるだろう

『PCMARK 10 Extended』。長時間のベンチマークとなるが、その途中に怪しい挙動はナシ。またGamingスコアーは13000越えと良好である

『CINEBENCH R15』。CPU(Multi)1747、CPU(Single)174。CPUリソースを多く必要とするタイトルにも向く結果だ

「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」を最高設定/1920×1080ドット/フルスクリーンで実行しつつ、Open Broadcast Softwareで録画した際のCPU使用率。ソフトウェアエンコード実行時としては、CPUにまだ余裕があるとよくわかるハズ

ゲーム×クリエイティブなユーザーに超オススメ

 『G-GEAR GA7J-K92/XT』は、CPU性能とデフォルトで多く搭載されているメモリーなどを考慮に入れると、ゲーム単体はもちろん、ゲーム動画を編集したり、スクリーンショットを加工してみたりといった作業が多い人向けのPCと言える。筆者のように趣味や仕事で写真の画像処理が多いのであれば、ゲームをしながらのRAW現像も余裕であり、切替が面倒な人にもちょうどいい構成だろう。逆にゲームのみとなると手に余る部分があるため、CPUはそのままでメモリーを減らして、そのぶんGPUを強化するといったカスタマイズを検討してもいい。ハイエンドCPU搭載のBTOPCは得てして極端に高性能な製品になりがちだが、その点、本製品は非常にバランス感の良好な製品だ。



■関連サイト

提供:Project White

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ