このページの本文へ

iPhoneで写真を撮るときに欲しいただ一つのものとは

2016年04月14日 18時00分更新

文● コジマ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 しっかり握るためのグリップではないか。そう思うのです。

 iPhoneをカメラ代わりにしている人は多いでしょう。カフェオレ、ラーメン、空の風景、レトロな雑貨、靴。いろいろなものが撮影され、SNSにアップされている昨今。しかし、iPhoneで写真を撮影していると、時々、思うことがあるのです。

 iPhoneって、持ちにくいですよね。

 いや、誤解しないでほしい。iPhoneのカタチ自体を否定したいわけではありません。ただ、当たり前ですが、カメラに比べるとそれほど安定して持てるわけではない。基本的に薄く、長方形なので、カメラのように横に持つとしっかりとホールドできません。シャッターボタンも押しにくい。

手ブレ補正機能があるとはいえ、持ちにくいとシャッターチャンスを逃すおそれもありますし、そもそも構図がばっちり決まらない……

 かといって、写真撮影のためだけに、ごっつい専用ケースを付けるのもいかがなものか。iPhoneで我々は何をするでしょうか。アプリを使います。音楽を聴きます。ゲームをします。LINEもします。通話もします。そのような用途に邪魔になるかもしれないケースを、ずっと付けているのもきびしい。

 では、カメラを使いまくるときだけ装着できる、取り外しが簡単なグリップを付ければよいのではないでしょうか?

 今回はシャッター内蔵グリップ「Snappy」はどうか、というご提案になります。

シャッターを内蔵して、iPhoneに付けるグリップです。上面にあるイヤフォンジャックには付属するストラップなどのアクセサリーを付けるとよろしいかと

 iPhoneがまるでデジカメのようになる、シャッター内蔵のグリップ。グリップをしっかり握って撮影できるため、手ブレも防げるというものです。

 キモなのは、「グリップを握らせて、シャッターを押す」という目的だけに特化しているところ。面倒な設定は一切不要。iPhoneのイヤフォンジャックに挿しこんで、本体のスライド部分でiPhone本体を挟み込みます。以上。シンプルな作りです。

イヤフォンジャックをiPhoneに繋げるだけ。有線です
スライドさせてiPhoneを挟み込んで固定するので、薄めのケースであれば付けたままでも装着できます
まずiPhoneと繋いで……
こんな感じに装着します
グリップ! 安定!

 当たり前ですが、あるとないとでは大違い。しっかりとグリップできるので、とにかく撮りやすいです。それでいて、カメラを使わないときはすぐ外せるのもナイス。カバンの空いたスペースに放り込んでおけばいい。バッテリーで動作するわけではないので、充電の必要がないのもいい。この気軽さが最大の魅力ではないでしょうか。

どうぞ自撮りにも使ってみてください、いいグリップでしょう。余裕のブレなさだ、ホールドが違いますよ

 本体サイズはおよそ幅68×奥行き35×高さ70mm。重量はおよそ45gとなっております。カラーはブラック、ホワイト、ピンクの3色。

 価格は2700円です。気になった方はアスキーストアへ。この機会に、ぜひ。

まるでデジカメ!簡単スナップ iPhone用シャッター内蔵グリップ Snappy (スナッピー)をアスキーストアで購入

カテゴリートップへ

お買い得情報