このページの本文へ

メーカーやVRコンテンツ制作会社による実機の評価検証をクリア

Core i7-6700K&GTX 970、スリムで取手付きのVRコンテンツ開発向けPC

2016年04月06日 13時14分更新

文● 八尋/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Sol-CX7S-i7K-TMS-DevelopVR」

 ユニットコムは4月4日、ビジネス向けブランド「SOLUTION∞」のVR(バーチャルリアリティー)開発向けパソコン「Sol-CX7S-i7K-TMS-DevelopVR」の販売を開始した。

  Sol-CX7S-i7K-TMS-DevelopVRは、同社の動作検証に加え、メーカーやVRコンテンツ制作会社による実機の評価検証をクリアした、VRコンテンツ開発向けパソコン。VRの開発やデモンストレーション、コンテンツの再生などに利用できる。筐体のサイズがおよそ幅87×奥行370×高さ380mmとスリムなのも特徴で、持ち運びに便利なハンドキャリーフレームを搭載する。

本体上部に持ち運び用の取手がある

 主なスペックは、Core i7-6700K(4GHz)、GeForce GTX 970、16GBメモリー、512GB SSDなど。OSはWindows 10 Home(64bit)を採用する。電源は650Wで、80PLUS GOLD認証を取得している。価格は22万7858円。

■関連サイト

カテゴリートップへ