このページの本文へ

Core i3/Core i5/Core i7の3機種を用意、Windows 10 Homeを搭載

5万円台から、パソコン工房でSkylake搭載ミニタワーPC3機種が販売開始

2016年03月03日 17時11分更新

文● 八尋/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Skylakeを搭載するミニタワーパソコン3機種が販売開始

 ユニットコムは3月3日、第6世代Core iプロセッサーを搭載するミニタワーデスクトップパソコン「Stl-M011-i3-HF」「Stl-M011-i5-HF」「Stl-M011-i7-HF」の販売を開始した。

 全機種とも、サイズがおよそ幅175×奥行389×高さ363mmのミニタワーケースを採用。フロントにUSB端子を搭載するほか、ゆとりある内部マージンを持ち合わせているという。OSはWindows 10 Home(64bit)を採用している。

 Stl-M011-i3-HFは、Core i3-6100(3.7GHz)、H110チップセット、4GBメモリー、1TB HDDという構成。電源は350Wで、80PLUS BRONZE認証を取得している。価格は5万9378円。

 Stl-M011-i5-HFは、Core i5-6400(2.7GHz)、H110チップセット、4GBメモリー、1TB HDDという構成。電源は350Wで、80PLUS BRONZE認証を取得している。価格は7万178円。

 Stl-M011-i7-HFは、Core i7-6700(3.4GHz)、H110チップセット、8GBメモリー、1TB HDDという構成。電源は350Wで、80PLUS BRONZE認証を取得している。価格は9万5018円。

■関連サイト

カテゴリートップへ