このページの本文へ

SORACOM AirやSORACOM Beamで動作検証済み

ソラコム、「SORACOM 認定デバイス」の初回認定を実施

2015年11月20日 17時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月20日、ソラコムはパートナープログラムの「SORACOM パートナースペース(以下、SPS)」において、「SORACOM 認定デバイス」と「SORACOM パートナースペース認定済デバイスパートナー(以下、SPS 認定済デバイスパートナー)」の初回認定を実施した。

 SORACOM 認定デバイスはSORACOM AirやSORACOM Beamでの動作検証済みのデバイス。また、SPS 認定済デバイスパートナーとは、SORACOM AirやSORACOM Beamに対応したセンシングデバイスやゲートウェイ、LTE/3G対応モジュールなどのIoTデバイスを提供している企業のうち、SORACOM Airの利用実績や認定デバイスの保有など一定のパートナー認定の要件を満たし、活用実績があると認定された企業になる。

初回のSORACOM認定デバイスは以下のとおり。

  • Armadillo-IoT ゲートウェイ スタンダードモデル G2(アットマークテクノ)
  • CoralEdge(ライブロックテクノロジーズ)
  • M2M/IoTソリューション CONPROSYS(コンテック)
  • Meshlium(三井物産エレクトロニクス)
  • OpenBlocks IoT BX1(ぷらっとホーム)
  • CTL-002 CONPROSYS(加賀電子)
  • HSPA-450C-UJ(ゼネテック)
  • HSPA-561C-TJ1(ゼネテック)
  • SpreadRouter-F/R(エヌエスティ・グローバリスト)
  • MMLink-3G(安川情報システム)
  • 3G Ray(スカイディスク)
  • 3GPI(メカトラックス)

SPS 認定済デバイスパートナー一覧(2015年11月19日認定)

  • アットマークテクノ
  • エヌエスティ・グローバリスト
  • 加賀電子
  • コンテック
  • スカイディスク
  • 三井物産エレクトロニクス
  • メカトラックス
  • ライブロックテクノロジーズ

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ