このページの本文へ

プライベートブラウズ機能を活用しましょう

iPhoneで「Safari」の履歴を見られたらアウトな人へ!

2015年11月19日 18時00分更新

文● つばさ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、つばさです。

 iPhoneにしたばかりの友だちが、「Safariを使っていたら、なぜか画面の上と下が黒くなっちゃったんだよね〜」と困っていました。ピン! ときた私は、「それはプライベートブラウズをオンにしちゃったんだよ」と説明したんです。

 「Safari」のプライベートブラウズは、アクセスしたページ、検索履歴、自動入力機能が残らないという機能です。人のiPhoneを借りてウェブページを見ているときはもちろん、友人や恋人に貸しているときに、うっかり見られたらどうしよう……という場合もありますよね(あるということにしてください!)。

 そんなときは、さっとプライベートブラウズをオンにしてみてください。

画面下のメニューから、いちばん右にあるタブの切り替えアイコンをタップし、画面左下にある「プライベート」をタップします

機能が有効になったら、画面左下の「プライベート」が白くなるのでわかります

 これだけで、アクセスした履歴も、検索履歴も残らないようになります。友だちはタブを開こうとしたときに、間違えてプライベートブラウズをオンにしちゃったんですね。

プライベートブラウズが有効になっていると、画面上下が黒くなっているので、ひと目でわかるはず

解除方法は設定とおなじく、タブの切り替えアイコンをタップし、画面左下にある「プライベート」をタップです!

 友人に「ちょっと貸して!」と言われたときにこれを設定して、「履歴が残らないから、好きなもの見ていいよ」と言えば、「気の利く人だな」と思ってもらえるかもしれません。

 でもプライベートブラウズは、画面の上下が黒くなるので、一目でわかってしまうのが難点といえば難点かも。画面を覗きこまれて「あれ、何で黒いの?」と聞かれたら、「設定で変更できるんだよ、こっちの方がかっこいいでしょ」と返せば、なんとかなるかも……?


■まとめて読みたい方はこちら
iPhoneとiPadで使える超便利Tips集

■つばさが紹介したiPhoneテクニックが動画になりました
iPhone使い方講座

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中