このページの本文へ

フルHD表示、視野角は上下左右178度

iiyama、IPSパネル採用23型ディスプレー「ProLite X2382HS」

2013年10月07日 17時20分更新

文● 菅谷/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ProLite X2382HS、新パネルにより消費電力を18.8パーセント低減

 マウスコンピューターは10月7日、iiyamaブランドから23型ワイド液晶ディスプレー「ProLite X2382HS」を発表した。

 ProLite X2382HSはIPS方式パネルを採用した液晶ディスプレー。旧IPSパネルと比べて消費電力を18.8パーセント低減したという新パネルが採用されている。また、省エネ・節電機能として、3パターンのEcoモードを搭載しており、最大で消費電力を35パーセント、年間CO2排出量を8.8パーセント削減できるとしている。

 視野角は上下左右178度、解像度は1920×1080ドット、応答速度は5ms(GtoG)、コントラスト比は1000:1、(ACR時は500万:1)。HDMI、DVI-D(HDCP対応)、D-Subミニ15ピンの3系統入力に対応する。寸法は約幅548.5×奥行き213.5×高さ388.5mm、質量は4.0kg。カラーは、マーベルブラック1色となる。

 価格はオープンで予想実売価格は2万3800円。10月中旬に発売する予定だ。

カテゴリートップへ