このページの本文へ

添付ソフトウェアは「ファイナルパソコンデータ引越し 9plus」

マウスが全製品にPC移行ソフトを添付、XPからの買い替えを支援

2013年10月04日 17時03分更新

文● 菅谷/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

G-Tune, MouseProブランドを含む全製品にファイナルパソコンデータ引越し 9plusを標準添付

 マウスコンピューターが10月4日、G-Tune、MouseProブランドを含む全製品に対して、パソコン移行ソフトウェア「ファイナルパソコンデータ引越し 9plus」の標準添付を開始した。Windows XP及びMicrosoft Office 2003のサービス終了に対応し、買い替えを支援する狙いだ。

 Windows XP及びMicrosoft Office 2003は2014年4月9日にサポート提供が終了する。サポート終了後は、セキュリティ更新プログラムが提供されなくなるため、ウイルスへの感染や感染に伴う情報漏えいなど、セキュリティのリスクが大幅に高まるという。

 ファイナルパソコンデータ引越し 9plusはAOSテクノロジーズのパソコン移行ソフトウェア。初心者でも簡単に操作が可能だとしている。また、データ以外のアプリケーションの多くを移行可能な「ファイナルパソコン引越し9plus」もオプションとして5250円で用意されている。

 移行元と移行先のパソコンの接続には、有線及び無線LANのネットワーク環境が利用できるほか、パソコン同士を直接接続できる「専用クロス LAN ケーブル」も420円で購入可能。専門のスタッフに作業してもらう「出張設置サービス(PC買い替えプレミアムパック)」も用意され、こちらは2万9820円となる。

カテゴリートップへ