このページの本文へ

iPod専用ユニットとオーディオシステムを贅沢に搭載した限定車

ボルボ、iPod対応の特別限定車「ボルボC30/S40/V50 with iPod」を発売

2007年11月16日 23時04分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ボルボ・カーズ・ジャパンは14日、iPodを最大限に楽しむための特別限定車「ボルボC30/S40/V50 with iPod」を17日より発売すると発表した。価格は、C30が358万円、S40が378万円、V50が409万円で、いずれも標準モデルより約10万円高となる。販売台数は、C30が130台、S40が65台、V50が75台だ。

特別限定車は、7月に発売された2ドアクーペ「C30」、4ドアセダン「S40」、5ドアワゴン「V50」の3車種。2.4リットルDOHC直列5気筒エンジンを搭載する「2.4i SE」がベースで、5速AT/FF/右ハンドル車のみの設定となる

ボルボC30/D40/V50 with iPod」は、車内でのiPodの操作性を重視した専用ヘッドユニット「iPodミュージックインターフェース」、iPodを高音質で楽しめるデンマークのDYNAUDIO社製スピーカーを採用した「プレミアムサウンド・オーディオシステム」を搭載する特別限定車。さらに、専用の17インチアルミホイール「Zaurak」、バイキセノンヘッドライトも備える。

iPodミュージックインターフェース

CD、FM/AMステレオ、MP3/WMAに対応する「iPod ミュージックインターフェース」には、特別色のバーチャルホワイトのパネルを採用。650WのDクラスデジタルアンプは、アルパインとの共同開発だ。バング&オルフセン・パワー・ハウス・a/s社のIce Powerテクノロジーも採用している

インテリアイメージ

フロントドア、リアドア(C30はサイドパネル)、ダッシュボードにDYNAUDIO社製スピーカーを採用した「プレミアムサウンド・オーディオシステム」を搭載。センターボックス内のDockコネクターでiPodを接続する

インテリア/エクステリアは、ボディーカラーと専用シートカラーで4タイプの組み合わせを用意。C30はパッション・レッド/レッド、アイスホワイト/レッド、ゲッコーグリーンパール/オフブラック、カメレオンブルーパール/ブルー。S40とV50は、ソリッドブラック/ブラック、アイスホワイト/スプリンググリーン、ゲッコーグリーンパール/スプリンググリーン、カメレオンブルーパール/ブラックという組み合わせだ。

内装は車種ごとにカラーバリエーションが異なる。写真はC30のレッド(左)とブルー(右)

S40とV50の内装はほぼ同じ。写真はV50のスプリンググリーン(左)とブラック(右)の内装だ

なお、成約者全員にボルボのシンボルマークである「ボルボ・アイアンマーク」が背面に刻印された「ボルボ・オリジナルiPod nano」(4GB/シルバー)が納車時にプレゼントされるキャンペーンも実施される。また、17日、18日は全国のボルボ・ディーラーで展示会を開催するほか、アップルストア福岡天神店では「C30 with iPod」の車両を展示してプレゼンテーションも行われる。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中