このページの本文へ

フォトグラファー/デザイナー向けの2製品をラインナップ

KGSolutions、カラーマネージメントツール「ColorMunki」シリーズを発売

2008年04月12日 13時02分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)KGSolutionsは3日、カラーマネージメントツール「ColorMunki」シリーズを4月下旬に発売すると発表した。フォトグラファー向けの「ColorMunki Photo」とデザイナー向けの「ColorMunki Design」の2製品があり、価格はいずれもオープンプライス。同社のオンラインショップ「KGDirect」での実売価格は、ともに7万1400円だ。

「ColorMunki」シリーズ
「ColorMunki Photo」(右)と「ColorMunki Design」(左)はともに、測定器と専用ソフトのほか、専用ホルダー/USBケーブル/クイックスタートガイドが付属する
「ColorMunki Photo」
「ColorMunki Photo」は、液晶モニターのプロファイル作成機能として、白色点や環境光の補正など、パラメーターを細かく設定できる詳細モードと自動的に設定する簡易モードを備えている

ColorMunki Photo」は、米エックスライト社と米パントーン社が'08年3月17日に発表した、測定器と専用ソフトをセットにした製品。モニターでの表示色と、印刷物に出力した際の発色を一致させたいフォトグラファー向けのカラーマネージメントキットだ。液晶モニター/プロジェクター/プリンターのプロファイル作成や、環境光/スポットカラーの測定機能も備える。測定器はスペクトル方式を採用。米アドビ システムズ社/米クォーク社のグラフィックソフトとのカラーパレット同期機能なども搭載している。



「ColorMunki Design」
「ColorMunki Design」は、公式サイト「ColorMunki.com」に公開されたほかのユーザーのカラーパレットを自分のシステムに組み込んで使用することもできる。また、ウェブサイト上でカラーパレットを作成/公開し、インターネットを通してほかのユーザーとカラーパレットを共有することも可能だ

ColorMunki Design」は、米パントーン社の色見本/OS標準のカラーピッカー/画像などの複数のソースからオリジナルのカラーパレットを作成できるデザイナー向けのカラーコントロールキット。作成したカラーパレットは、米アドビ システムズ社/米クォーク社のグラフィックソフトのカラーパレットと互換性を持ち、同期させて組み込むことが可能。パレットのカラーに対して様々な照明環境を適用させるシミュレーションプレビュー機能や、スポットカラーをCMYK値に変換する機能などを備えている。

なお、「ColorMunki Photo」と同じく液晶モニター/プロジェクター/プリンターのプロファイル作成も可能だ。

両製品ともに、対応システムは、Mac OS X 10.4以上、Windows Vista/XP。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中