このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

GPS腕時計

レビュー:Forerunner 305

2007年08月13日 22時00分更新

文● ヤシマノブユキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Macでトレーニング管理ができる!! GPS内蔵のフィットネス腕時計


Forerunner 【SPEC】
開発元●米ガーミン社 販売元●パソコンGPSショップ((株)SPA) TEL●03-3443-3761 価格●オープンプライス(実売4万2000円前後)
http://www.rakuten.co.jp/gps/

サイズ●幅53.3×高さ68.6×奥行き17.8mm 重さ●77g 対応システム●OS X 10.4以上 対応機種●PowerPC G3以上、またはインテルCPUを搭載したMac

【COMMENT】
プロアスリート向けの機能が中心だが、ランニングや自転車が日課という程度のライトユーザーでも十分利用できる。ぜひ一度、試してもらいたい。


 「Forerunner 305」(Fr305)は、高感度のGPSレシーバー「SiRF Star Ⅲ」を内蔵した腕時計型トレーニング管理ツールだ。

Fr305

(1)電源のオン/オフ、(2)モードの切り替え、(3)走行ラップの計測、(4)タイマーの開始/終了、(5)決定ボタン、(6)下へスクロール、(7)上へスクロール──という7つのボタンを用意。一般的なデジタル腕時計感覚で使えるように設計されている

距離/時間/消費カロリー/走行ペースなど全38項目の中から最大12項目を液晶に表示して、リアルタイムに確認できる。ランニングはもちろん、自転車やクロスカントリーなどあらゆるスポーツに対応しているのも特徴。また、付属の心拍センサー内蔵バンドをみぞおちのあたりに装着すれば、計測した心拍数データを無線で本体に送信してくれる。運動中の身体状態を把握しながらペースメイクできるので、伴走者なしでも質の高いトレーニングが可能だ。

 MacにはUSBクレードルに本機を設置して接続する。

Fr305

付属のUSBクレードルでMacへ接続すれば、データの転送に加えて充電も可能となる。駆動時間は約10時間だ

日本語対応のトレーニング管理ソフト「Garmin Training Center」をインストールすれば、履歴を地図や折れ線グラフで視覚化して分析できるほか、作成したオリジナルのコースやトレーニングメニューをFr305に転送できる。

Garmin Training Center

Fr305専用のトレーニング管理ソフト「Garmin Training Center」。付属のCDからインストールできるほか、メーカーサイトからも無償でダウンロード可能

このデータを基にすれば、計画的なトレーニングが実践できるわけだ。さらに、保存した履歴をメンバーサイトの「MotionBased」にアップロードすれば、履歴をインターネットに公開したり、地図上に過去の走りを再現することもできる。

Garmin Motion Based

「MotionBased」の会員登録は無料。公開されているデータをFr305に転送すれば、実際に同じコースを走ることもできる

このサイトから、ほかの人のトレーニングを参考にするのもいい。

 本格派のアスリートはもちろん、日ごろの運動不足が気になる人も、Fr305を定期的なトレーニングに役立ててみてはいかがだろうか。


(次ページに続く)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中