このページの本文へ

窓の円盤を何万枚も売った女が語る 『そんなの業界じゃあたりまえっちゃ!』第6回

どうしよう!? 深夜販売イベント当日なのに商品が届かなかった体験

2016年12月07日 14時00分更新

文● イラスト●せれろんやまだ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 いまや使ったことがない人はいないであろう、インターネット通販。

 注文したモノが届くまで、ちょっとテンションあがりますよね? 欲しいものがもうすぐ手に入る~的な。が、諸々の事情で届くはずの日時に届かないこともまれにあります。これまた別の方向にテンションが上がりますよね(悪い意味で)?

 流通業にとって、モノを正しく納入先に届ける、というのは当たり前です。が、どうしても事故渋滞など交通事情や、台風などの天候の影響で、お届け予定日に届けられなかったり、時間が前後してしまったりすることもあります。

ま  れ  に  トラブルも……

 「まだ届かないんですけど~…」という納入先からの連絡、もうこの連絡を受けた時点で自分の心はおろか周囲にもイヤ~なムードが沸き上がってきます。流通業にとって、この「荷物が届かない」トラブルは、一番と言っていいほど避けるべきイヤな事件です。

 新製品だったらなおさらです。販売開始日が決まっているし、何よりも売る準備をしなければなりません。が、この「荷物が届かない」トラブル、得てして新製品の時に起こりがちなのです……。

 あ! でも毎回じゃありませんよ! 「ま  れ  に」です‼

 新製品の発売を控えたある日のこと。アキバでは深夜販売の準備がちゃくちゃくと進んでいました。私が属していた代理店も、販売店のお手伝いをするべく、数名でアキバに繰り出していました。

せれろんやまだ

 大手PC関連デバイス販売代理店で敏腕を誇った“姐御”。現在子育てに悪戦苦闘中。IT業界の“あるある”から“困った”をブッタ切っていくぞ!

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!