このページの本文へ

窓の円盤を何万枚も売った女が語る 『そんなの業界じゃあたりまえっちゃ!』第7回

Windows Home Serverはすんごい苦労したけどカワイイOSだった

2016年12月14日 11時00分更新

文● イラスト●せれろんやまだ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「いやシリーズ」も早いもので最終回を迎えました。最後にふさわしく、史上初のイヤから始まったお話で締めたいと思います。

 Windows Home Serverをご存知でしょうか? 天下のソフトウェア会社、マイクロソフトがなにを思ったかリリースした「家庭用のサーバーOS」です。いまや流通は終わってしまい、あるとしても店頭在庫だけ。今後の後継製品も事実上ありませんが、個人的にはとっても思い入れのあるOSです。

 なぜって? そりゃそれまで家にLinuxのサーバー立ててCGI試したり、Professional系のWindows OSでIIS(Internet Information Services)走らせてホームページのデモ環境作ってたからさ! それが使えて、しかもファイル共有とかも簡単にできるんだぜ!? すごくない!?

 はい、少数派やーん♪

 こういうヲタには待ち望まれたOSなんでしょうが、これを一般のユーザー向けに売ろうというのだからさぁ大変。使えるのと売るのはまた別問題です。

 し  か  も  な  ぜ  か  「英語版」!!

 とにかくいろんなことが初めてすぎたお話です。

せれろんやまだ

 大手PC関連デバイス販売代理店で敏腕を誇った“姐御”。現在子育てに悪戦苦闘中。IT業界の“あるある”から“困った”をブッタ切っていくぞ!

この連載の記事

ようこそ、ASCII倶楽部へ

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!