このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

KORG iMS-20はアプリじゃない、プロ用の楽器だ! 【後編】

2010年11月27日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPadアプリのトップセールスを記録し続けている、超マニアックなバーチャルアナログシンセ「KORG iMS-20」。

 アナログ操作系の重厚なグラフィックの裏に、実は最先端の「SoundCloud」との連携機能を有していた。SoundCloudと言えば、オーディオ共有サービスのイメージがあるが、実は意外なものも共有していたらしい。

 前回、途中で怒号飛び交う中、中断を余儀なくされたインタビューの続きをどうぞ(前編はこちらから)。

座談会参加者

佐藤隆弘(株式会社コルグ商品企画室室長)福田大徳(株式会社コルグ開発部 iMS-20開発チーム・リーダー)中島啓(株式会社コルグ開発部 音源・シーケンサー部担当)
佐野信義(株式会社デチューン開発本部長)岡宮道生(株式会社デチューン代表取締役)

セッションデータをクラウドで共有する未来感

―― いやー、それはすごいなあ。

佐藤 今の流れ、そのまんま書いて下さいよ、面白いから。

佐野 この話の続きは後編で! みたいな。

岡宮 そして驚愕の事実が明かされる! ってな感じでぜひ。

みなさんが声を荒げた理由は、ぜひ前編をご覧ください

―― ……というわけで、この辺から後編に入ります。で、その驚愕の事実ですが、オーディオ以外のデータは何を送っているんですか?

中島 セッションデータですね。パッチやシーケンスも含めて全部です。

佐藤 アップロードする時は、オーディオデータとセッションデータを両方送るんです。ブラウザー画面で試聴する時はオーディオがストリーミング再生されて、ダウンロードするとセッションデータが落ちてくるという仕組みです。

福田 パッチやパラメーターがそのまま見られるので、音作りが一目瞭然で分かっちゃうんですね。

中島 その音色やシーケンスをいじって、再びアップロードすることもできます。

「(ダウンロードした)音色やシーケンスをいじって、再びアップロードすることもできます」(中島さん)

―― えー、それかっこいい!

佐野 でっしょー? これを未来と言わずして何と言う!

岡宮 うん、実にいい流れだ。

佐藤 佐野さんの提案で、デモ曲も1曲を除いて全てSoundCloudで提供することにしたんです。iMS-20でダウンロードすると、セッションデータが見られますよ。

佐野 Denkiさんの曲とか半端じゃないですよ、パッチが。まあ、いま買ったばかりで楽しんでらっしゃる方にはオススメしないですけど。あまりにひどい……いや、すごいんで。

Denkitribe氏のひどい……もとい、すごいパッチ

岡宮 じゃあ今までダウンロードしてどうやって聴かれてました?

―― ブラウザー画面で再生していただけですね。

佐野 あー、やっぱり! ブラウザーで聴けちゃうんで分からないんですよ。RPGで言ったら、実は裏面があったみたいなノリなんで。すごく大事なところなんですけど。

SoundCloudからデータをダウンロードするのは簡単。接続して曲を選んで↓印のダウンロードボタンを押せばオーケーデータをロードしてシーケンサーを走らせると曲が鳴り始めるDenkitribe氏の「Gain」が動作している様子。シーケンサーを走らせると、パッチの抜き差しや、つまみの動きが動画のように再現されて面白い

佐藤 それに、説明が難しいんですよね。データと言ってしまうと、オーディオもセッションもデータだし。

―― iMS-20のセッションデータは独自フォーマットですか?

福田 独自です。シンセのパラメーターなんかは1000段階ほどあって、MIDIで表現できる範囲を超えているんです。だから、この滑らかな音色変化が得られるんですよね。

―― そういえばiOS 4.2への対応はどうします?

福田 動作に問題はないですが、iOS 4.2の新機能にはまだ対応していません。現在検討しているところなので、お楽しみに、ということで。

―― どう楽しみにしていればいいですか?

佐藤 だって言っちゃったら面白くないじゃないですか。とりあえず、「CoreMIDI」には対応していきたいと思っています。そういうコメントでひとつ。

「(iOS 4.2への対応について)言っちゃったら面白くないじゃないですか」(佐藤さん)

(次のページに続く)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART