このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新パーツ性能チェック ― 第89回

「Phenom II X2 555 BE」ほか新CPU5つを一気に検証

2010年01月30日 12時00分更新

文● 宇野 貴教

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

消費電力

 最後に消費電力を見てみよう。アイドル状態はCnQオンで、高負荷状態はSandraのマルチメディアテスト計測中の消費電力をワットチェッカーで計測した。新CPUの中ではやはりAthlon II X4 635の消費電力が高く、アイドルと高負荷時の差が90W近くになる。逆にAthlon II X2 255は50Wとかなり低く、ある程度のパフォーマンスと低消費電力の両立を狙うにはよいCPUと言えそうだ。低消費電力版のPhenom II X4 910eは、前モデルのPhenom II X4 905eから消費電力が2Wほどアップしているが、この程度であれば許容範囲だろう。

消費電力
消費電力(単位:W) ←better

着実なパワーアップの新CPU

 今回の新モデルは、Phenom IIの最上位モデルや超低消費電力版のリリースはないためインパクトには欠けるものの、地味な積み重ねが豊富なナインナップの多くに行なわれている。こうしたすべてに少しずつ性能アップというのは、実にAMDらしい戦略と言える。販売価格はPhenom II X4 910eが1万8000円前後だが、そのほかは13000~8000円と購入しやすい価格帯に集中しており、コストパフォーマンス重視でマシンを組み上げたい人にとっては、注目したいCPU群となるだろう。

コストパフォーマンス重視でマシンを組み上げたい人に最適だ

【関連サイト】

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中