このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

最新パーツ性能チェック ― 第102回

「Phenom II X6 1100T BE」と「X2 565 BE」はどれだけ速い?

2010年12月07日 14時01分更新

文● 池座 優里

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDは12月7日、6コアの最上位モデル「Phenom II X6 1100T Black Edition」(3.3GHz)と2コアの最上位モデル「Phenom II X2 565 Black Edition」(3.4GHz)を発表した。特に「Phenom II X6 1100T Black Edition」は、今年4月の登場以来最上位に君臨していた「Phenom II X6 1090T Black Edition」(3.2GHz)から、初めて更新されたAMDの6コア最上位モデルにあたる。パフォーマンスを追求するユーザーにとっては待望のモデルと言えるだろう。

発表された6コアの最上位モデル「Phenom II X6 1100T Black Edition」。OPNは「HDE00ZFBK6DGR」こちらは2コアの最上位モデル「Phenom II X2 565 Black Edition」。OPNは「HDZ565WFK2DGM」

Phenom II X6とPhenom II X2の
最上位モデルがそれぞれ更新

 「Phenom II X6 1100T Black Edition」(以下:1100T BE)の動作クロックは3.3GHz(TurboCORE時は最大3.7GHz)で、これまでの最上位モデル「Phenom II X6 1090T Black Edition」(以下:1090T BE)から比べると、動作クロックが100MHz向上しているのが主な違いとなる。

CPU-Z 1.5.6による「Phenom II X6 1100T Black Edition」のステータスTurboCORE機能によって3.7GHzまでオーバークロックされることが確認できる
これまで最上位だった「Phenom II X6 1090T Black Edition」のステータス

 一方の「Phenom II X2 565 Black Edition」(以下:X2 565 BE)も確認しておこう。こちらの動作クロックは3.4GHz。やはり既存の最上位モデル「Phenom II X2 560 Black Edition」(以下:X2 560 BE)の3.3GHzから動作クロックが100MHz向上している。

CPU-Z 1.5.6による「Phenom II X2 565 Black Edition」のステータスこれまで2コアCPU最上位だった「Phenom II X2 560 Black Edition」のステータス

 CPU-Zのステータスを確認すると、両モデルともコアやリビジョンに変更はなく、「Black Edition」のため、倍率変更によるオーバークロックが可能となる点も従来通りだ。

CPUスペック表
  Phenom II
X6 1100T BE
Phenom II
X6 1090T BE
Phenom II
X4 565 BE
Athlon II
X4 560 BE
開発コード Thuban Thuban Callisto Callisto
コア数 6 6 2 2
動作クロック 3.3GHz 3.2GHz 3.4GHz 3.3GHz
TurboCore時クロック 3.7GHz 3.6GHz - -
L2キャッシュ 512KB×6 512KB×6 512KB×2 512KB×2
L3キャッシュ 6MB 6MB 6MB 6MB
TDP 125W 125W 80W 80W

テスト環境

 さて今回は、発表された2製品に加えて比較用として旧モデルとなった「1090T BE」、および「X2 560 BE」を用意してベンチマーク計測を行なった。環境は、下記の表の通り。

テスト環境
CPU Phenom II X6 1100T Black Edition(3.3GHz)
Phenom II X6 1090T Black Edition(3.2GHz)
Phenom II X2 565 Black Edition(3.4GHz)
Phenom II X2 560 Black Edition(3.3GHz)
マザーボード MSI「890FXA-GD70」(AMD 890FX)
メモリー UMAX「Cetus DCDDR3-4GB-1333」(DDR3-1333 2GB×2)
ビデオカード MSI「R5770 Storm 1GB」(Radeon HD 5770)
HDD Seagate「Barracuda 7200.10 ST3500418AS」(500GB/SATA2)
OS Windows 7 Ultimate(32bit)
ベンチマークには、AMD 890FXチップセット搭載のMSI製マザー「890FXA-GD70」を試用したメモリは、UMAXの「Cetus DCDDR3-4GB-1333」を試用。ヒートスプレッダー搭載で、メーカー永久保証も付いている

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中