このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新パーツ性能チェック ― 第89回

「Phenom II X2 555 BE」ほか新CPU5つを一気に検証

2010年01月30日 12時00分更新

文● 宇野 貴教

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDは、45nmプロセス製造でSocketAM3に対応する5種類の新CPUをリリースした。その内訳はPhenom IIが2つ、Athlon IIが3つ。Phenom IIは4コア低消費電力モデルと2コアモデル、Athlon IIは2/3/4コアそれぞれ1モデルずつが投入され、いずれも従来ラインナップの最上位モデルから動作クロックが0.1GHz前後引き上げられている。

左から「Phenom II X4 910e」、「Athlon II X2 255」、「Athlon II X4 635」、「Athlon II X3 440」、「Phenom II X2 555BE」

 モデルナンバーや動作クロック、TDP、発売日などの詳細は下の表で確認して欲しい。今回の新CPU群を見ると、Phenom II X4の最上位とAthlon IIの低消費電力版を除いたモデルにおいて満遍なくスペックアップが行なわれたことになる。ユーザーの利用目的や投入コストに合わせて、2~4コアの幅広いCPUをリリースするAMDらしさがよく出たラインナップと言えるだろう。

CPUスペック表
  Phenom II X4 910e Phenom II X2 555BE Athlon II X4 635 Athlon II X3 440 Athlon II X2 255
開発コード Deneb Callisto Propus Rana Regor
コア数 4 2 4 3 2
動作クロック 2.6GHz 3.2GHz 2.9GHz 3GHz 3.1GHz
L2キャッシュ 512KB×4 512KB×2 512KB×4 512KB×3 1MB×2
L3キャッシュ 6MB 6MB - - -
TDP 65W 80W 95W 95W 65W

 まずはCPU-Zで各CPUを見てみよう。動作電圧は、低消費電力版となるPhenom II X4 910eが約1.15V、その他は1.3~1.4Vとなっており、このあたりに大きな変更点は見られない。気になったのはPhenom IIの2モデルはリビジョンがC3ステッピング、Athlon IIの3モデルはC2ステッピングになっていることだ。C3ステッピングの製品は'09年末から見かけるようになっていたが、従来のC2ステッピングの製品と混在して販売されていた。ユーザーにとっては新しいほうが欲しいが、ショップがC2かC3かをアナウンスしていないと、買ってみるまではわからないという状況であった。今回の新Phenom IIがすべてC3ステッピングで統一されているならば、安心して購入できるようになるだろう。

Phenom II X4 910eのステータスPhenom II X2 555BEのステータス
Athlon II X4 635のステータスAthlon II X3 440のステータス
Athlon II X2 255のステータス

ベンチマーク環境

 それでは各種ベンチマークを計測してみよう。今回は比較CPUとして、Phenom II最上位モデルとなる「Phenom II X4 965BE(4コア、3.4GHz動作)」と、そのほかに「Athlon X4 630(4コア、2.8GHz動作)」「Phenom II X4 905e(4コア、2.5GHz動作)」、「Phenom II X3 705e(3コア、2.5GHz動作)」の合計4つのCPUを用いている。

テスト環境
CPU Phenom II X4 910e
Phenom II X2 555BE
Athlon II X4 635
Athlon II X3 440
Athlon II X2 255
Phenom II X4 965BE
Athlon X4 630
Phenom II X4 905e
Phenom II X3 705e
マザーボード ASUSTeK「M4A785TD-M EVO」(AMD 785G)
メモリー DDR3-1066 2GB×2
HDD Seagate「ST3160812AS」(160GB)
OS Windows 7 Ultimate(32bit)
マザーボードはAMD 785Gを搭載したASUSTeK製「M4A785TD-M EVO」を使用ベンチマークはクーラーマスター製のオープンタイプ式PCケース「Test Bench V1.0」で検証した
「Test Bench V1.0」はパーツ着脱の機会が多いハイエンドユーザーに最適な製品。マザーボード固定部分はネジ留めの必要がないクィッククリップを使用し、マザーボードを持ち上げるだけでケースから取り出す事ができる。実売価格は8990円

※お詫びと訂正:記事初出時「Phenom II X2 555BE」と「Athlon II X2 255」のスペック表記に一部誤りがありました。正しい表記に訂正してお詫びいたします。(2010年1月31日)

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中