このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

池田信夫の「サイバーリバタリアン」 ― 第18回

B-CASで「テレビ鎖国」する日本

2008年05月27日 16時00分更新

文● 池田信夫/経済学者

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

なぜ地デジPCは「禁止」されていたのか


バッファロー、アイ・オー・データ、ピクセラが地デジ対応のチューナーカードを発売した

 最近、家電業界では、地上デジタル放送を録画できるチューナーカードが発売解禁になったことが話題だ(関連記事)。だが普通の人がこのニュースを聞いて驚くのは、「今まで地デジのチューナーカードって禁止されてたの?」ということだろう。

 これまでパソコンに内蔵した地デジチューナーはあったが、単体のカードは販売できなかったのだ。行政や業界にとっては地デジの普及が至上命題のはずなのに、一体なぜカードを禁止していたのだろうか。

 それは「地デジの映像をパソコンで処理すると、コピーフリーになってしまう」というARIB(電波産業会)の主張による。ARIBは、「地デジのデータが通るパソコン内部すべてを暗号化する」という高いハードルをクリアーした機器にしか認可を与えなかった。おかげで、地デジチューナー内蔵パソコンの比率は数%しかない。

地デジチューナー内蔵パソコンは、全体のほんの一部に過ぎない

 地デジの番組は、放送波に「MULTI2」というスクランブルをかけたうえ、映像信号にコピーワンスの印(フラグ)を含めた状態で送信している。パソコンでは、まずMULTI2をB-CASカードで解除するが、その後、暗号をかけずにパソコン内を流すと、ソフトウェアなどで、コピーワンスのフラグを消されたり、無視されたりする可能性がある。そこで、地デジのデータの通り道である、PCIやIDEといったパソコン内部の汎用バスにも暗号をかける仕組みを用意しないとARIBの認可が下りないようにしている。詳しくは、ARIBが配布する「地上デジタルテレビジョン放送運用規定 技術資料 第3分冊」(PDFファイル)の324ページを参照。



マイクロソフトでさえ「審査」に合格できない

 しかし、このARIBの目論みは、「フリーオ」の登場で崩れ去った。フリーオは、さまざまな認可が下りた機器にしか与えられないはずのB-CASカードをほかの機器から流用し、録画時にコピーワンスの印を「コピー禁止」に書き換えるというルールを無視することで、地デジの番組をコピーフリーで録画できるようにしてしまった。

 おまけに2011年7月のアナログ放送停止が迫り、1台でも地デジ受信機を増やさないと放送が止められなくなってしまう。そういう総務省からの圧力もあって、今ごろカードが「解禁」されたのだが、B-CASもコピーワンスも従来と変わらないので、孫コピーができないことや、ムーブに失敗すると全部パーになることは同じだ。

 しかもグローバルに標準化されているPCの世界にも関わらず、地デジチューナーを内蔵した製品を作っているのは国産メーカーだけだ(デルとHPが出しているのは、日本メーカーからのOEM供給)。マイクロソフトですら、開発開始から2年以上たっても、Windows VistaにB-CASを内蔵できない。それは彼らに技術力がないからではない。日本で売るための「審査」に合格できないからだ。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】黙ってられんWin10無償アプグレ!徹底討論

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART