このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

池田信夫の「サイバーリバタリアン」 ― 第143回

グーグルを動かしたスマートフォンの「特許バブル」

2011年08月18日 12時00分更新

文● 池田信夫/経済学者

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

激増するスマートフォン特許紛争

 グーグルがモトローラ・モビリティを125億ドルで買収したニュースについては、多くの見方が出ている。常識的には、OSを提供している企業が、その顧客である端末メーカーと競合する企業を買収することは賢明な戦略とはいえない。しかし私は、グーグルのねらいは端末メーカーになることではないと思う。

 グーグルのラリー・ペイジCEOが「この買収によってグーグルの特許ポートフォリオが強化され、競争を阻害する訴訟からAndroidを守る上で役立つだろう」とコメントしているように、重要なのは特許である。モトローラのもつ特許は1万7000件で、単純に計算すると1件73万ドル(約5600万円)で買ったことになる。

グーグルの公式ブログから。Androidは反競争的な特許攻撃にさらされていること。モトローラの買収はそれに対する防御になると説明している

 これはべらぼうな額に見えるが、2009年に経営破綻したノーテル・ネットワークスの保有していた特許6000件は、会社整理に際して45億ドル(1件75万ドル)で売却された。つまりモトローラの買収額は特許の価値と考えれば相場に近いのだ。逆にいうと、特許以外のモトローラの事業(赤字続き)にはほとんど価値がないとグーグルは見ているのかも知れない。

 この背景には、携帯電話がスマートフォンに進化するにともなって、特許紛争が激増しているという問題がある。スマートフォンに関連する訴訟は、主要なものだけで300件以上にのぼり特許バブルともいうべき状態になっている。次の表のように、原告と被告には同じような企業が並び、モトローラは訴えている件数も最大だが、訴えられている件数も多い。

スマートフォンをめぐる主な特許紛争(Griffith Hack調べ)
原告 係争件数 主な被告
モトローラ 41 アップル
クアルコム 24 ノキア
アップル 20 サムスン電子
Helfrich Patent 20 HTC
ノキア 14 RIM
マイクロソフト 10 モトローラ

 通信に関する特許は、初期に取得されたものほど範囲が広く強力だ。たとえば「キーボードつき携帯端末」という基本特許はResearch In Motion(RIM、BlackBerryのメーカー)がもっているので、すべてのスマートフォンはこれに引っかかる。モトローラも老舗なので範囲の広い特許をもっているが、最近この市場に参入したHTCやサムスン電子などは訴えられる側に回ることが多い。こうした企業は、グーグルのスマートフォン用OSであるAndroidの主要メーカーだ。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART