このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」第90回

補聴器屋さんが作ったイヤホン「FitEar」が本気すぎる、という話

2012年03月31日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhone/iPodのヒットによって生まれた高級イヤホン・ヘッドホン市場。マニアックなユーザー向けの高額商品もリリースされ続け、ついに実売価格にして13万円台という「AKG K3003」のようなイヤホンまで登場した。

 もちろんK3003はAKGのハイエンドにふさわしい素晴らしい製品だが、既製品に10万円を出す余裕があるなら、他に考えてみたいものもある。それが須山補聴器のカスタムイヤーモニター「FitEar」(7万8750円~)だ。

 イヤーモニターというのは、ステージ用モニターに使うイヤホンのこと。略してイヤモニと言ったりする。放送の現場でも使われているが、我々が普段目にする機会はアリーナクラスのライブステージかも知れない。ヴォーカルやドラマーなどのミュージシャンが、フロアに置いて使うモニタースピーカーの代わりに使っている。

須山補聴器は東銀座にある補聴器屋さん。店頭にはかわいい&かっこいい補聴器も並んでいる

 ステージでイヤモニを使うメリットは、まずワイヤレスレシーバーとの組み合わせでステージ上を自由に動けること、そして他の楽器とモニターの音がかぶらないこと。特にカスタム成形のイヤモニは、一般のカナル型イヤホンを圧倒的に超える遮音性能を持っている。そのためステージ上の音を遮断でき、ボリュームを上げなくても適切なバランスで自分の音だけをモニターできるのだ。

 須山補聴器は補聴器用レシーバーの製作経験からカスタムイヤーモニターを製作する会社で、国内のミュージシャンにも愛用者は多い。その中には、以前に我々が取材した女子中学生ドラマー・川口千里さんもいる。また最近ではニコニコ動画ナンバーワンギタリストの[TEST]さんもオーダーしたらしい。

※ FitEar使用者には、ももいろクローバーZのメンバーから、小沢健二、Gackt、柴咲コウ、中川翔子、五木ひろしと様々なタイプのミュージシャンが。(FitEar使用者一覧

ニコ動のナンバーワンギタリスト[TEST]さん(左)、天才中学生ドラマー・川口千里さん(右)もFitEar愛用者。これで気にならないわけがない

 ただそれ以前に、私にはFitEarの成り立ちやイヤモニの開発プロセスに興味があった。国内では先例のない業態で、間違いなく試行錯誤の連続だったはず。その様子は以前から須山補聴器のWebページで公開されていて、実は何年も前から取材のチャンスを狙っていたのである。

 銀座にある須山補聴器を訪ねると、まず巨大なアルテックが出迎えてくれた。当日は須山補聴器の須山慶太さんのほか、FitEarの開発アドバイザーでもある、マスタリングエンジニアの原田光晴さんにも同席していただいた。

■「FitEar」開発に携わったお二人

須山慶太さん(須山歯研代表取締役)原田光晴さん(ビクタークリエイティブメディア マスタリングセンター所属)

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART