このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第11回

ノラ猫を撮るなら“バリアングル”

2007年07月17日 19時00分更新

文● 荻窪圭 (猫写真家)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
振り向けばヤツが見てる
振り向いたら別の猫がじっと見てました、の図 (2007年7月撮影 キヤノン『Powershot TX1』)

ネコ撮り用カメラを選ぶ、4つのポイント


 今回はちょいとデジカメの話

「ネコはネコ目線で撮ろう」「ネコ目線はローアングルだっ」と無責任に言ってしまったけど、実際にちょっと遠くにいるノラ猫をローアングルで撮るのって、慣れないと難しいもの。

 で、わたしはノラ猫に出会ったら撮ろうと思ってるとき、持って行くデジカメがある。ニコンの『COOLPIX S10』か、キヤノンの『Powershot TX1』だ。

『COOLPIX S10』 『Powershot TX1』
『COOLPIX S10』『Powershot TX1』

 これらはノラ猫撮りにお勧めのデジカメと思ってくれていい。その理由は以下の4点。

  • 液晶モニターやレンズが回転する──“バリアングル液晶”とも呼ばれる回るタイプの液晶モニターなら、ローアングルで構えたときに、上からカメラを見下ろして撮影できる
  • 10倍ズーム──近づかせてくれない猫を撮るときは、やっぱり望遠が欲しい
  • 手ぶれ補正──不自然な姿勢で撮ることもままあるため、手ぶれ補正はあった方が安心
  • それなりにコンパクト──大きくて重いと気軽さに欠けちゃう

S10利用シーン TX1利用シーン
COOLPIX S10。普通はこの状態からレンズを回転させて構えて撮るのだが、ローアングル時はもうこのまんま右手で持って撮っちゃう。液晶ディスプレーが少し隠れちゃうのはご愛敬Powershot TX1。縦型だが上面にシャッターがあり、ローアングル時はこのように持って親指で押すといい。こう持つと実はズーミングなどの操作が行なえないので、細かい設定を終えてから持ち替えよう

(次ページに続く)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART