このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

組みたい自作PC構成まるわかり!! ― 第15回

【今月の自作PCレシピ】大型連休は愛息、愛娘用PCを一緒に自作

2017年04月22日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 動画や音楽の視聴、ゲーミングといった用途やコスト、筐体サイズを重視するなど、自分好みの組み立てられるPC自作。ただ、その自由度の高さに比例して、パーツ選定にはある程度の知識や時間が必要になる。

※写真はイメージです。実際に使用するパーツとは異なります

 そんなパーツ選定に悩まずに済むよう、秋葉原の主要パーツショップ店員に聞いたオススメパーツ構成を紹介。コスト重視の激安から、最新ゲームをヌルヌル表示でプレイできるゲーミング構成まで、さまざまなPC構成を毎月お届けしよう。

 秋葉原や通販で、“○○○を快適に楽しめるPC自作パーツをサクッと買いたい!!”、“どんな構成が良いのか見当がつかない”といった人は注目してもらいたい。

“マイクラ”も遊べるOS込み10万円アンダーPC

 間近に迫っている大型連休。レジャーや趣味、家族サービスなど過ごし方は人それぞれだが、じっくりとPC自作に勤しむのもオススメ。組み立て、キレイな配線、OSとドライバーのインストール、動作確認をじっくりできるので、初めてのPC自作や子供と一緒に組んだりするのにも◎だ。

 そこで今回はカジュアルゲーミングや子供のPC入門にオススメできるレシピをOS込み10万円アンダーで、TSUKUMO eX.6階スタッフの石井氏にお願いした。

 ちなみに、見積もり相談コーナーもあるTSUKUMO eX.6階のスタッフは、依頼されたPCパーツ構成の組み立てを日々行なっており、「Ryzen」構成も組み立て済みだ。この大型連休に「Ryzen」で組みたい! しかし、マザーボードとメモリーの相性など、ちょっと不安という人は、組み立て、動作確認実績のある構成を相談するのもあり。

 また、パソコン工房 BUYMORE秋葉原店の猪狩氏も、自宅で安定動作しているという「Ryzen」構成の見積もりを作成。使用マザーボードとともにアピール中なので注目だ。

地下1階から6階までPCづくしのTSUKUMO eX.。一式購入時は、まず1階または6階に置いてある見積もり書をもらって、各階を巡ってパーツを選んでいこう
依頼された構成の組み立ても行なっているTSUKUMO eX. 6階スタッフの石井氏。魅せるPCやゲーミング、コンパクトなど、さまざまなPCを組み立て!
「Ryzen」や「GeForce GTX 1080 Ti」を搭載した自作PC。6階スタッフが組み立てパソコン工房 BUYMORE秋葉原店スタッフの猪狩氏が自宅で使用中の「Ryzen」構成の見積もりも。パーツ構成に悩んでいるひとは参考にしよう

液晶、入力機器を含めても10万円前半に!

 石井氏が提案してくれたOS込みで10万円アンダーのPC構成は以下の通りで、税込で約9万円と手ごろな価格になっている。

石井氏が見積もりしてくれたWidnows 10 Home込みで9万735円のパーツ構成。PentiumにSSDとビデオカードを搭載している

 CPUはインテル第7世代CoreプロセッサーシリーズのローエンドCPUとなる「Pentium G4560」だが、Kaby LakeではPentiumが劇的に進化。2コアなのは同じだが、ハイパースレッディングをサポートし、4スレッド動作になっているので、ライトな作業なら十分で「OSなどの動作もとくに引っかかることなく使えますよ」とのこと。

 そのうえ、ストレージにSSD、グラフィックスにNVIDIAのローエンドGPU「GeForce GTX 1050」搭載ビデオカードを搭載と、日常用途の快適な動作はもちろん、息抜きにライトゲームを遊ぶことも大丈夫だ。

 もちろん、大人も子供もハマる“マイクラ”のプレイもオッケー。「マインクラフト」で、子供のPCへの興味を喚起したり、AndroidやiOSなど向けの「Minecraft:Pocket Edition」と「Minecraft:Windows 10 Edition」で、子供と一緒にマルチプレイ(最大5人まで)を楽しんだりするのもありだろう。

 ちなみに「Minecraft:Windows 10 Edition」は5月5日まで、通常価格の3150円から2000円引きとなる1150円で購入できるので要チェックだ。

SSD&ビデいカード搭載の9万円PC
CPU Intel「Pentium G4560」
(2コア/4スレッド、定格3.5GHz)
7780円
マザーボード ASUS「PRIME H270M-PLUS」
(LGA1151、H270、Micro ATX)
1万2604円
メモリー Crucial「W4U2400CM-4G」
(PC19200 DDR4、4GB×2枚)
7080円
SSD Crucial「MX300 525GB(CT525MX300SSD1)」
(525GB、2.5インチ、SATA)
1万6580円
ビデオカード 玄人志向「GF-GTX1050-2GB/OC/SF」
(GeForce GTX 1050)
1万1850円
PCケース Cooler Master「MasterBox Lite 3(MCW-L3S2-KN5N)」
(Micro ATX)
6480円
電源ユニット Corsair「CX450M(CP-9020101-JP)」
(450W、80PLUS BRONZE、ATX)
5480円
光学ドライブ ASUS「DRW-24D5MT」
(DVDスーパーマルチ)
2360円
OS Windows 10 Home 64bit DSP版 1万3800円
小計(税抜)   8万4014円
消費税   6721円
総額(税込)   9万735円

※価格は4月18日調べ。店頭価格ならびに在庫を保証するものではありません。

 TSUKUMO eX. 6階でLEDイルミネーションのデモを行なっているPCは、「Pentium G4560」を搭載しているので、CPUの動作や「Minecraft:Windows 10 Edition」(CPU内蔵GPU)を試してみたい人は、スタッフに声をかけてみよう。

デモPCは「Pentium G4560」を搭載しているので、パフォーマンスが気になるひとはスタッフに声をかけよう
「Minecraft:Windows 10 Edition」は、スマホやタブレット向けのPocket Editionとマルチプレイが可能になっている

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

【ニコ生】あなたの知らないSLIの世界in福岡

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中