このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

組みたい自作PC構成まるわかり!! ― 第21回

【今月の自作PCレシピ】Coffee Lakeで組むハイスペックPC&高コスパPC構成

2017年12月16日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 動画や音楽の視聴、ゲーミングといった用途やコスト、筐体サイズを重視するなど、自分好みに組み立てられるPC自作。ただ、その自由度の高さに比例して、パーツ選定にはある程度の知識や時間が必要になる。

※写真はイメージです。実際に使用するパーツとは異なります

 そんなパーツ選定に悩まずに済むよう、秋葉原の主要パーツショップ店員に聞いたオススメパーツ構成を紹介。コスト重視の激安から、最新ゲームをヌルヌル表示でプレイできるゲーミング構成まで、さまざまなPC構成を毎月お届けしよう。

 秋葉原や通販で、“○○○を快適に楽しめるPC自作パーツをサクッと買いたい!!”、“どんな構成が良いのか見当がつかない”といった人は注目してもらいたい。

6コア/12スレッド&GTX 1080で
クリエイティブもゲームも快適に

 価格はそのままに、物理コアが2コア増量した形の第8世代Coreプロセッサー。6コア/12スレッドで、最大4.7GHzの高クロックで動作する最上位モデルの「Core i7-8700K」や、6コア、最大4GHz動作で2万4000円台を実現する「Core i5-8400」、さらに4コア、3.6GHzで1万5000円を切る「Core i3-8100」とどれも魅力的。

 数世代前からのリプレイスなら、DDR4メモリーやPCI Express Gen3.0 x4接続の爆速なNVMe M.2のサポート、USB 3.1の装備など、チップセットによる機能向上も加わり、パフォーマンスアップは絶大だ。

品薄気味な第8世代Coreシリーズ

 今回は、そんな第8世代Coreプロセッサーを使った自作PC構成をTSUKUMO eX.スタッフの石井さんにお願い。さまざまな用途に長~く使えるハイスペック構成と、カジュアルゲーミングを楽しめ、低コストを実現した構成を提案してもらった。

中央通りに面した黒いビル。オリジナルのBTO PCなど、全7フロアーでPC関連を扱っている。PC自作一式購入時は、2階から6階を順に巡ることで、液晶やキーボードなども含めてすべてそろう
多数のPCケースやLEDファンを展示するほか、PC一式の相談コーナーを設ける、TSUKUMO eX.6階スタッフの石井さん

総額約29万円! ゲーム&録画配信から
動画、写真の編集系まで快適に

Core i7-8700KやGeForce GTX 1080、NVMe M.2 SSD、16GB×2枚の32GBメモリーなどで構成したハイスペック構成だ
12スレッドCPUのCore i7-8700KとGeForce GTX 1080を搭載するハイスペックPC構成
CPU Intel「Core i7-8700K」
(6コア/12スレッド、定格3.7GHz、最大4.7GHz)
4万4180円
CPUクーラー CRYORIG「H5 UNIVERSAL」
(サイドフロー型クーラー、120mmファン)
5800円
マザーボード ASUS「ROG MAXIMUS X HERO」
(LGA1151、Z370、ATX)
3万7800円
メモリー Crucial「W4U2666CM-16G」
(DDR4-2666、16GB×2枚)
3万7800円
SSD SAMSUNG「960 EVO 500GB(MZ-V6E500B/IT)」
(500GB、NVMe M.2)
2万9444円
HDD   なし
光学ドライブ   なし
ビデオカード ASUS「ROG STRIX-GTX1080-A8G-GAMING」
(GeForce GTX 1080、GDDR5 8GB)
6万4980円
PCケース NZXT「H700i」(ATX) 2万7759円
電源ユニット Seasonic「Xseries XP2S 760W(SS-760XP2S)」
(80PLUS PLATINUM 760W、ATX)
9880円
小計(税抜)   26万8743円
消費税   2万1499円
総額(税込)   29万242円

※価格は12月6日調べ。店頭価格ならびに在庫を保証するものではありません。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中