このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

組みたい自作PC構成まるわかり!! ― 第4回

【今月の自作PCレシピ】Skylakeで組む2台の小型マシン

2015年10月31日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 動画や音楽の視聴、ゲーミングといった用途やコスト、筐体サイズを重視するなど、自分好みの組み立てられるPC自作。ただ、その自由度の高さに比例して、パーツ選定にはある程度の知識や時間が必要になる。

※写真はイメージです。実際に使用するパーツとは異なります

 そんなパーツ選定に悩まずに済むよう、秋葉原の主要パーツショップ店員に聞いたオススメパーツ構成を紹介。コスト重視の激安から、最新ゲームをヌルヌル表示でプレイできるゲーミング構成まで、さまざまなPC構成を毎月お届けしよう。

 秋葉原や通販で、“○○○を快適に楽しめるPC自作パーツをサクッと買いたい!!”、“どんな構成が良いのか見当がつかない”といった人は注目してもらいたい。

Mini-ITXで組むハイスペックマシン

 Mini-ITX規格のLGA 1151向けマザーボードのラインナップが徐々に増加し、コンパクトでハイスペックな“Skylake”PCを組めるようになっている。

 TDP 35Wながら4コア/8スレッドで、クロック周波数2.8GHz、ターボ・ブースト時3.6GHzで動作する「Core i7-6700T」や、ミドルハイGPUを採用し、ボード長がMini-ITXマザーボード規格の170mm前後となるショートサイズのビデオカードなどを搭載する小型PCを自作したい。

Core i7が1モデル、Core i5が3モデルある第6世代Core iの省電力モデルWindows 7のブート領域に使えるAHCIタイプと、より高速なNVMeタイプがあるSamsungのM.2 SSD「SM951」

 シーケンシャルリード2000MB/s、ライト1000MB/sオーバーな爆速M.2 SSDのSamsung製「SM951」の入手性が向上しているのもポイント。OSブート領域として扱いやすいAHCIタイプに加えて、より高速なNVMeタイプも、秋葉原のPCパーツショップに並びはじめている。

BUY MORE秋葉原本店のマザーボードを担当する古株スタッフの猪狩氏

 さらにSamsung初のコンシューマー向けNVMe対応SSD「SSD 950 PRO」の発売が海外で近日スタート(米Amazonで11月1日発売予定)。国内でもメーカー保証付きの製品が近日購入可能になる予定だ。

 というわけで今回は、第6世代のCore iシリーズの省電力モデルや、AHCIタイプのSamsung製「SM951」を在庫しているBUY MORE秋葉原本店に協力をお願い。PC自作の知識豊富で、同店のマザーボード担当でもある猪狩氏に、“コンパクト&ハイスペック”の2点を押さえたオススメ構成案を考えてもらった。

サーバー系も扱っているBUY MORE秋葉原本店猪狩氏こと、“Drいがーり”。マザーボードなどのポップにあるコメントは、製品選びに非常に役立つので必見だ
オンボードLANチップの型番などが記載されていたり、小型PCケースでの取り回しを考慮したラウンドタイプのSATAケーブルを見積もりに含んでいたりと、細かな気配りがなされている猪狩氏の見積もり

→次のページヘ続く (ゲームも遊べるハイスペックコンパクトマシン

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中