このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

組みたい自作PC構成まるわかり!! ― 第8回

【今月の自作PCレシピ】GW自作第2弾! こだわり満載のGTX 970搭載ゲーミング構成

2016年04月30日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 動画や音楽の視聴、ゲーミングといった用途やコスト、筐体サイズを重視するなど、自分好みの組み立てられるPC自作。ただ、その自由度の高さに比例して、パーツ選定にはある程度の知識や時間が必要になる。

※写真はイメージです。実際に使用するパーツとは異なります

 そんなパーツ選定に悩まずに済むよう、秋葉原の主要パーツショップ店員に聞いたオススメパーツ構成を紹介。コスト重視の激安から、最新ゲームをヌルヌル表示でプレイできるゲーミング構成まで、さまざまなPC構成を毎月お届けしよう。

 秋葉原や通販で、“○○○を快適に楽しめるPC自作パーツをサクッと買いたい!!”、“どんな構成が良いのか見当がつかない”といった人は注目してもらいたい。

ヘビー級ゲームも遊べるコスパ◎なGTX 970

 PC自作に勤しむのにベストな大型連休。先日、BUY MORE秋葉原本店スタッフ猪狩氏チョイスの【旬なパーツで組む10万円Skylakeマシン】を紹介したが、GW自作第2弾としてゲーミングPC構成をお伝えしていこう。

 ゲーミングPCで最も重要なのがビデオカード。4GBモデルが、2万8000円程度まで値下がりしている「GeForce GTX 960 4GB」も狙い目だが、オススメなのは、4万円台を割っている「GeForce GTX 970」だ。

 過去の計測結果などを基にしているので、計測環境、3DMarkのバージョンなどが異なる点はご了承いただきたいが、3DMark Fire Strikeのグラフィックスコアーで、1000円あたりのスコアー値を求めると、以下のとおりで、「GeForce GTX 970」は優秀なコストパフォーマンスになっている。

狙い目ビデオカード
型番 価格 3DMark Fire Strike
(Graphics SCORE)
1000円あたりのスコアー値
GeForce GTX 980 Ti 8万5000円前後 17500 205.88
GeForce GTX 980 6万円前後 13000 216.66
GeForce GTX 970 3万8000円前後 11500 302.63
GeForce GTX 960 4GB 2万8000円前後 7900 282.14
GeForce GTX 960 2GB 2万6000円前後 7200 276.92

 初期投資は「GeForce GTX 960 4GB」より1万円アップするが、圧倒的な映像美となっているトゥームレイダーシリーズ最新作の「Rise of the Tomb Raider」といった最新タイトルを余裕で遊べるパフォーマンスを備え、コスパが最も良いとあれば、選ばない理由はないだろう。

 今、最もゲーミングPCにオススメな「GeForce GTX 970」を搭載したPC構成を、PC自作好きなスタッフが数多くいるTSUKUMO eX.で構成してもらった。

中央通りの黒いビルこと、TSUKUMO eX.(ツクモeX.パソコン館)。自作PCパーツだけでなく、オリジナルBTO PCやタブレット、ノートPCなども扱っている
一式購入時は、1階入口や6階に置いてあるセルフ見積もり書に記入していこう。なお、6階にはPC構成を相談できるカウンターもある

TSUKUMO eX.スタッフ”石井“のこだわり満載

 TSUKUMO eX.の6階スタッフの”石井崚祐“さんが考え抜いた「GeForce GTX 970」搭載で、OS抜き17万6416円(税込)のゲーミングPC構成だ。

 ところどころに、石井さんのこだわりを感じる構成になっており、「普段使いは静かで、必要なときは、しっかり冷却できる小型のゲーミングPC」とのこと。そんなPCの構成が以下だ。

TSUKUMO eX.の6階スタッフの”石井崚祐“さん。Thermalright「Macho 120」と言えば石井さん、その性能、扱いやすで秋葉原で最も同CPUクーラーを愛でている人物OS抜きで、税込み17万6416円となった石井さん見積もりのゲーミングPC構成
TSUKUMO eX.
GTX970搭載マシン構成
CPU Intel「Core i7-6700K」
(4コア/8スレッド、定格4GHz、最大4.2GHz)
3万7980円
CPUクーラー Thermalright
「Macho 120 Rev.A」
5980円
マザーボード ASUS「MAXIMUS Ⅷ GENE」
(LGA1151、Z170、MicroATX)
2万5480円
メモリー Crucial「BLS2K8G4D240FSB」
(PC19200 DDR4、8GB×2枚)
1万1980円
SSD SAMSUNG「SSD 850 EVO M.2」
(250GB、M.2 SATA)
1万980円
HDD Seagate「ST2000DM001」
(2TB、7200rpm、SATA3)
6380円
光学ドライブ パイオニア「DVR-S21L」
(DVDスーパーマルチ)
2550円
ビデオカード ZOTAC「ZTGTX97-4GD501」
(GeForce GTX 970、GDDR5 4GB)
3万4519円
電源ユニット Cooler Master「V650 Semi-Modular(RS650-AMAAG1-JP)」
(80PLUS GOLD、650W)
1万2480円
PCケース Fractal Design「Define Mini(FD-CA-DEF-MINI-BL)」
(Micro ATX)
9980円
ケースファン CRYORIG「QF120 BALANCE」×3基
(PWM、330~1600rpm)
5040円
セット値引き CPUとマザーボード同時購入値引き適用済み※4月20日時点  
総額   17万6416円

※価格は4月20日調べ。店頭価格ならびに在庫を保証するものではありません。

6700Kをしっかり冷やせ、静音性も高いThermalright「Macho 120 Rev.A」は、当然構成に含まれている。全高が扱いやすい150mmとなっているので、夏に向けてCPUクーラー強化を考えているひとにもオススメ

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中