このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

組みたい自作PC構成まるわかり!! ― 第1回

【今月の自作PCレシピ】FFXIV: 蒼天の快適プレイを目指す!!

2015年07月10日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 動画や音楽の視聴、ゲーミングといった用途やコスト、筐体サイズを重視するなど、自分好みの組み立てられるPC自作。ただ、その自由度の高さに比例して、パーツ選定にはある程度の知識や時間が必要になる。

※写真はイメージです。実際に使用するパーツとは異なります

 そんなパーツ選定に悩まずに済むよう、秋葉原の主要パーツショップ店員に聞いたオススメパーツ構成を紹介。コスト重視の激安から、最新ゲームをヌルヌル表示でプレイできるゲーミング構成まで、さまざまなPC構成を毎月お届けしよう。

 秋葉原や通販で、“○○○を快適に楽しめるPC自作パーツをサクッと買いたい!!”、“どんな構成が良いのか見当がつかない”といった人は注目してもらいたい。

信頼性も拡張性もバッチリ!!
OS込み総額12万円のFFXIVマシン構成

 6月23日に、ついに発売された大人気MMORPG「ファイナルファンタージXIV」の拡張パッケージ「蒼天のイシュガルド」。今まではWindows XP時代のDirectX 9ベースの描画エンジンだったが、蒼天のイシュガルドとともに、最新のDirectX 11ベースの新世代エンジンに対応。

 「DirectX 11モード」(クライアントのコンフィグで切り替え)では、より綺麗な表示を実現しつつ、全体の動作は「DirectX 9モード」よりも軽快になっていると良いこと尽くめだ。そんな「ファイナルファンタージXIV(FFXIV)」を、この機会に始めようと思っている人も多いことだろう。

 というわけで、今月のPC自作のレシピはFFXIV“新生エオルゼア”、そして続編となる新たな世界の“蒼天のイシュガルド”を、DirectX 11モードで快適に冒険できるPC自作構成を紹介しよう。

「ファイナルファンタージXIV:蒼天のイシュガルド ベンチマーク」のワンシーン。「最高品質」の描画設定で快適に遊べるパーツ構成を選んでもらった

 秋葉原でゲーミング関連と言えば、まず思い浮かぶのが「パソコンショップ アーク」。自作PCパーツはもちろんだが、MSI製ゲーミングノートPCやゲーミングデバイスなども取り扱う。

 とくにデバイス関連のデモ機は秋葉原トップクラスで、定番のマウスだけでなく、格闘系やフライトシュミレーターゲーム向けのジョイスティックも超充実。そのうえ、さまざまなゲームとデバイスを、実際にプレイ&触っているゲーマー店員が多く、いろいろと相談しやすい。

 そんな「パソコンショップ アーク」の渋谷店長が考えたFFXIVを快適にプレイするためのPCパーツ構成がコレだ。

ゲーミングデバイスなどの展示機が充実しているパソコンショップ アーク。週末は多くの自作PCユーザーやPC、コンシューマゲーマーで賑わっている
OS込み11万円台のFFXIV:蒼天マシンのパーツ一式。NVIDIAのミドルレンジGPU「GeForce GTX 960」で快適ゲーミングだ
自身もFFXIVをプレイしている店長。提案してもらったFFXIV: 蒼天の快適プレイ構成は、信頼性や安定性、拡張性などを落とさずに、コストをダウンしている。なお、別途費用が必要になるが、組み立てをお願いすることも可能だ(OSインストールなどは含まず)
パソコンショップ アーク
ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド用マシン構成
CPU Intel「Core i5-4460」
(定格3.2GHz/TB時3.4GHz、4コア/4スレッド)
2万3780円
マザーボード MSI「H97 GAMING 3」
(Intel H97 Express、ATX)
1万3440円
メモリー SanMax「SMD-8G28CP-16KL-D」
(PC12800 DDR3L 4GB×2枚)
7990円
ビデオカード MSI「GTX 960 2GD5T OC」
(GeForce GTX 960、GDDR 2GB)
3万1298円
ストレージ SanDisk「SDSSDHII-240G-J25C」
(240GB、SATA3)
1万2280円
光学ドライブ LGエレクトロニクス「GH24NSC0 ブラック バルク」
(DVD Multi、SATA2)
1980円
電源ユニット Corsair「CX600M」
(80PLUS BRONZE 600W)
7280円
PCケース NZXT「Source 210E-BK」
(ATXミドルタワー)
8316円
OS Windows 8.1 Update 64bit DSP版 1万2680円
総額   11万9044円

※価格は7月3日調べのウェブ価格を掲載。店頭価格ならびに在庫を保証するものではありません。

→次のページヘ続く (最も予算を割いたのはビデオカード!!

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

【ニコ生】あなたの知らないSLIの世界in福岡

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中