このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

Core i5でPC強化 必要なパーツはどれだ?第3回

P55搭載マザー各製品の特徴はコレだ! 【後編】

2009年09月28日 20時00分更新

文● G&D matrix 松枝 清顕

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 前回に続いて、今回も「Intel P55 Express」(以下、P55)搭載マザーボードをお送りしよう。オンボード機能や搭載インターフェイス、価格などから、自分にベストなマザーボードを選び出してほしい。
(※注:価格に“想定売価”もしくは“不明”とあるものは9/25現在、未発売の製品です。)

9月8日の深夜0時1分に発売開始となったP55マザー。その数は40製品を超えている!

Gigabyte
GA-P55-UD6

フォームファクター ATX
メモリスロット DDR3 DIMM×6(DDR3-2600+(OC)/2200(OC)/1333/1066/800対応、※制限あり)
拡張スロット PCI Express(2.0) x16×2(動作モードはx16+x0/x8+x8)、PCI Express x4×1(x16形状)、PCI Express x1×2、PCI×2
マルチGPU機能 ATI CrossFireX、NVIDIA SLI
オンボード機能 8chサウンド、ギガビットイーサネット×2、IEEE1394、Serial ATA II×10、IDE×1、FDD×1
ブラケット部 S/PDIF Out(Coaxial/Optical)、USB2.0×8、eSATA+USB×2、LAN×2、IEEE1394×2、PS/2×1、オーディオコネクター
実売価格 3万円

電源周り驚異の24フェーズ仕様へ

 Gigabyte最上位モデルとなる「GA-P55-UD6」。電源周りは代を重ねるごとに増えた驚異の24フェーズ仕様。1チップ構成ながらヒートパイプによる冷却を採用するなど贅沢な作りが特徴だ。メモリスロットは全メーカー中、ただ唯一の6本仕様。ただし、6本のスロットのうち2本のホワイトスロットは両面実装タイプに対応、残り4本のブルースロットは片面実装タイプのみとなるので注意が必要。また、x16形状となるPCI Express x4スロットの動作モードはx4もしくはx0となるが、x4使用時は帯域の問題上、PCI Express x1とeSATAが使用不可となるのでこちらも覚えておく必要がアリ。

【関連サイト】

Gigabyte
GA-P55-UD5

フォームファクター ATX
メモリスロット DDR3 DIMM×4(DDR3-2200(OC)/1333/1066/800対応)
拡張スロット PCI Express(2.0) x16×2(動作モードはx16+x0/x8+x8)、PCI Express x4×1(x16形状)、PCI Express x1×2、PCI×2
マルチGPU機能 ATI CrossFireX、NVIDIA SLI
オンボード機能 8chサウンド、ギガビットイーサネット×2、IEEE1394、Serial ATA II×10、IDE×1、FDD×1
ブラケット部 S/PDIF Out(Coaxial/Optical)、USB2.0×8、eSATA+USB×2、LAN×2、IEEE1394×2、PS/2×1、オーディオコネクター
実売価格 2万7000円

ほぼ最上位と遜色なしのハイエンドモデル

 拡張スロットの構成やオンボードインターフェイスなどは最上位「GA-P55-UD6」と同じ。DDR3 DIMM×4本に、電源周りフェーズ数を12へと省略したのが主な違いだ。よって先のPCI Express x4スロットにおける使用上の注意も同じとなる。どちらにせよハイエンドと呼んで遜色ない作りとなっているので、機能に不満は感じさせないだろう。

【関連サイト】

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中