このページの本文へ

ASUSTeK「SABERTOOTH 55i」

ASUSTeK、タフネス仕様のマザーボード「TUF」シリーズ発売!

2009年10月06日 21時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 堅牢性・安定性・長寿命を追求したという「TUF(The Ultimate Force)」シリーズ第1弾となるASUSTeK製の「P55」搭載マザーボード「SABERTOOTH 55i」が本日発売となった。

TUF
堅牢性・安定性・長寿命を追求したという「TUF(The Ultimate Force)」シリーズ第1弾となるASUSTeK製の「P55」搭載マザーボード「SABERTOOTH 55i」

 同製品は「チップセットやMOSFET用のヒートシンクにセラミックコーティングを施してあり、過酷な環境においても十分な放熱を行なうことが可能」という「TUF」シリーズ第1弾となるマザーボード。また、軍用製品で使用される耐久性の高いコンデンサや電子部品を採用しているという。
 マザー全体の配色も、どことなくアーミー色を連想させるもので、従来のASUSTeK製マザーボードとはまた違った印象だ。

「SABERTOOTH 55i」
マザー全体の配色も、どことなくアーミー色を連想させるASUSTeK製の「P55」搭載マザーボード「SABERTOOTH 55i」。チップセットやMOSFET用のヒートシンクにセラミックコーティングを施してある
ヒートシンク
PWM回路はCPU用に12フェーズ、VTT用に2フェーズ、メモリ用に2フェーズ。ヒートシンクにセラミックコーティングを施し、触った感じもザラザラした感触だ

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(2.0) x16×2(動作モードはx16+x0/x8+x8)、PCI Express x1×3、PCI×2で、マルチGPU機能はCrossFireXとNVIDIA SLIを両サポート。メモリはDDR3 DIMM×4(DDR3-2000/1800/1600/1333/1066、16GBまで)。また、オンボードインターフェイスは、ギガビットイーサネット(Realtek/8112L)や10chサウンド(VIA/VT2020)、IEEE1394、Serial ATA II×8、eSATA×1、IDE×1などを搭載する。
 その他、PWM回路はCPU用に12フェーズ、VTT用に2フェーズ、メモリ用に2フェーズをそれぞれ搭載。ユニークな機能として、40mmもしくは50mm角のメモリ専用ファンを搭載可能な「CoolMem!」を採用(ファン別売)する。価格はTWOTOP秋葉原本店で2万7780円、アークで2万7980円だ。

CoolMem!
オンボードインターフェイスはハイエンドマザーと比較しても遜色なし。ユニークな機能として、40mmもしくは50mm角のメモリ専用ファンを搭載可能な「CoolMem!」を採用(ファン別売)する

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中