このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

SUPER GTに痛車が参戦! 初音ミクZ4密着レポート ― 第20回

初音ミクがお色直し! ニューデザイン施工過程レポート!

2009年02月20日 20時00分更新

文● 末岡大祐/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

初音ミクの着替えを大公開!

 先日、「WONDERFUL HOBBY LIFE FOR YOU!! 9 ~featuring figma&ねんどろいど~」にて、盛大に参戦体制発表会見を行なった「Studie GLAD Racing」(関連記事)。それと同時に、初音ミクZ4のデザインは09年モデルがお披露目された。

 1月24日の「HKS プレミアムデイ」(関連記事)では、まだ08年モデルだったのに、いつの間に作業をしたのだろうか? 実は、このニューデザインへのお色直しをASCII.jpで独占取材していたのである。静岡県某所で行なわれた施工作業の様子をここに公開しよう。

 施工業者は去年に引き続き、「御社さん」こと(有)タップ。貼り付け作業の前に08年モデルの引き剥がし作業も行なわれたのだが、そちらは4人がかりで丸1日かかったとか。貼り付け作業はなんと2日かかっている。1日で飛沫まで一気に貼り付けを終わらせ、2日目は細かい部分の修正が行なわれた。あとは開幕戦までに各スポンサーのステッカーを貼り付けて完成させる。

 このニューデザインが、どれだけSUPER GTの観客にアピールできるか楽しみだ。

細かい部分まで貼れるように、外せるパーツは外してバラバラになっていた

フロント

まずはフロントバンパーを覆うようにベースフィルムを貼り付ける空気やシワが入らないように調整
ヘラを使って空気を追い出す気温が低いので、フィルムが固まらないようにヒートガンを当てながら作業する
ペリっと剥くとBMWのエンブレムが!ダクト部分のフィルムをカットしていく
このような隙間もしっかりと一時的にボンネットを装着し、ミクの位置を確認
ボンネットを再び外して、ダクトまわりの処理にかかる丁寧に切り取って貼り込む
このように段差がついていても、遠くで見るとまったく違和感がないのがスゴイ次はロゴステッカー
これもダクトの処理が大変そうだ仕上がりはこんな感じ

(次のページへ続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社