このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

痛車&コンパニオン 2009春コレクション ― 第1回

オートサロンでお披露目

ニトロプラスの痛車がオートサロンに登場!

2009年01月08日 20時25分更新

文● 末岡大祐/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

有名カーショップとのコラボレーション!!

 ニトロプラスが今年10周年を迎えるというのは、先日お伝えした通り(関連記事)。この記者会見の中で「痛車を製作する予定」と言っていたので、いつどこで製作するのかをニトロプラスに詰め寄り、無理矢理製作現場を取材させてもらうことになった。

 施工するのは西東京市にある「尾林ファクトリー」。カーオーディオのインストールでは業界トップクラスの知名度を誇るショップだ。クルマをドレスアップしている人なら、ショップの名前を聞いたことがある人も多いだろう。しかし、なぜ尾林ファクトリーとニトロプラスがコラボなのか? それは、ニトロプラスの社長である「でじたろう」氏がクルマ好きということもあり、痛車を作りたがっていたこと。そして、尾林ファクトリー側では痛Gフェスタやどあっぷ祭りに参加して痛車に興味を持ち、使えるキャラクターを探していたという、両者の思惑が見事に合致したからである。

尾林ファクトリーでは、今後痛車製作を積極的に行なっていくとのことなので、作ってみたいという人は問い合わせてみて欲しい

 痛車の題材となったのは、ニトロプラスから2月26日に発売予定のXbox360版「CHAOS;HEAD NOAH」だ。発売日も近いし、オートサロンではいいアピールになるだろう。

 今回、痛車完成までを取材させてもらう予定だったが、実は未完成のまま終わっている。完成した姿はオートサロンの尾林ファクトリーブース(アルパインブースの隣)で見ることができるので、ぜひ足を運んでいただきたい。どさくさに紛れて、「ASCII.jp」のロゴも貼ってもらったので、そちらも気にしてもらえると編集部員が喜びます。

 それでは丸々1日密着した痛車製作の過程を紹介しよう!

今回使うカッティングシート

 これが痛車にするためのカッティングシート。クルマに貼るだけあって、どれもかなり大きい。シールのように気軽にペタペタ貼るわけではない。

ベース車はエスティマ

 なんで「CHAOS;HEAD NOAH」なのに、クルマはエスティマなの? というヤボなツッコミはしない! このエスティマは尾林ファクトリーのデモカーというだけあって、車内にはそのへんの映画館が裸足で逃げ出すほどのAVシステムがインストールされている。オートサロンではこのAVシステムで「CHAOS;HEAD NOAH」の映像や音楽が流される予定とのことで、非常に楽しみだ。

ベースカラーの貼り付け

まずは表面に和紙を貼り付けるボディを綺麗に拭く仮貼りをする
ドアの隙間などに切れ込みをいれるヘラを使って空気を逃がしつつ貼る凹凸のある部分は特に丁寧に
シワになったところはヒートガンで伸ばす一番面倒臭いドアの取っ手部分もこのように細かく作業をする

(次のページへ続く)

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社