このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

SUPER GTに痛車が参戦! 初音ミクZ4密着レポート ― 第31回

霊峰に歌声届かず! 初音ミクZ4、富士に散る!

2009年09月15日 21時59分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部 写真●加藤智充、水野智子、編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

それは追撃の征矢
希望への閃光──

 ついに迎えた、天王山。SUPER GT 第7戦 富士スピードウェイ。シーズン前から、ココを見据えて初音ミクZ4を開発してきた「Studie GLAD Racing」。この1年間やってきたことを、すべてぶつける覚悟で、チームは全力で挑む。監督も代表も、ドライバーもメカニックスタッフも、全員みなぎっている。ミクZ4の個人スポンサーやファンも大勢応援に駆けつけ、気合いも入っている。もちろん、1年間取材してきた筆者も、だ。気がつけば連載回数も30回を超える長期連載になった。

 予選日は鈴鹿ほどのパフォーマンスは発揮できなかったが、22台中16位と、もはやテールエンダーからは抜け出したと言ってよかった。当然余裕で予選はクリアである。雨が降り、完全にウェットコンディションだった予選とはガラリと変わり、ピーカンになった決勝日。朝、行なわれたフリー走行でも、菊地選手が1'46秒台を叩き出し、一時は10位圏内のタイムを記録するなど、チームもファンも俄然盛り上がる。

 その後、行なわれたサーキットサファリでは、ミクZ4は走らなかった。なぜだったのか、星名代表に聞いた。「フリー走行でオイルがタレていたので、原因を究明してました。結果的にはたいしたことではなく、ただ単にブローバイが溢れてしまっただけで、特に問題ではありませんでした」とのこと。また、「エンジンは絶好調で、油圧系のトラブルも解消した」とのことだったので、誰もが決勝レースに期待した。

 富士のストレートでディーヴァの歌声が響き渡るだろうと。

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社