このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

伊藤理絵の“アフィリエイトの謎” ― 第4回

アフィリエイターと検索エンジンの“いたちごっこ”

2007年05月30日 00時00分更新

文● 伊藤理絵 (アフィリエイト研究家)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Q. 最近、URLの一部に日本語を含むウェブサイトをよく見かけます。なぜ突然、日本語URLが流行り始めたのでしょうか?
Yahoo!検索のブログフィルター
Yahoo!検索のブログフィルターを使えば、FC2やSeesaaといった大手無料ブログサービスで運営されているブログが検索結果から除外される


検索エンジンアルゴリズムが進化する理由


 こんにちは、アフィリエイト研究家の伊藤です。今回は検索エンジンとアフィリエイターの関係についてお話ししましょう。

 Yahoo!のウェブ検索エンジンである“YST” (Yahoo! Search Technology)は頻繁にアルゴリズムの改良が行なわれているようです。その目的には、ユーザビリティーの向上なども含まれているのでしょうが、ほかにも理由のひとつとして過剰なSEO対策で上位表示を狙う、コンテンツの薄いスパミーなアフィリエイトサイトの排除が挙げられるでしょう。

 ブログは手軽に量産できるうえ、もともと検索エンジンに強い仕組みなので、検索結果の上位に表示されやすい傾向にあります。そのため検索したキーワードによっては、アフィリブログが検索上位を占めるという現象も起こっていました。

 検索エンジンの上位に表示されればアクセス数が増えて、アフィリエイト収入が上がる可能性が高くなるわけです。検索エンジンでの上位表示が収入に結びつかなければ、誰も面倒なSEO対策なんてしませんよね。いかに検索エンジンからの集客が収入に結びつくかを示していると考えられるのではないでしょうか。

しかし、Yahoo!もこれを問題視していたようで、この3月にはYahoo!ウェブ検索の検索オプションに“ブログフィルター”なる機能が追加されました。



巷で話題の日本語ドメイン&URL


 SEO対策といえば、最近、アフィリエイト業界ではドメインやURLの一部に日本語でキーワードを含めると、Yahoo!のウェブ検索において、異常なほどに高い効果が得られると話題になりました。従来のSEOでポイントだとされていた、ドメイン取得からの経過期間、被リンクの数、インデックスされたページ数といった要素をまったく無視した結果となっていたのです。

 その結果、4月、5月はこの情報を察知したアフィリエイターによって急ごしらえされた、“実験的な”アフィリサイトが次々と上位表示されるという怪現象が起こりました。Yahoo!の検索結果に違和感を覚えた人も多いのではないでしょうか?

日本語ドメインの効果
キーワード『ビリーズブートキャンプ』でYahoo!検索を実行したところ。注目してほしいのは緑字のドメイン名。1ページ目に表示される検索結果のいくつかは、ドメイン名が“ビリーズブートキャンプ”という日本語を含んだものであることがわかる

 さすがにYahoo!側でもこの現象を察知した模様で、一時期の威力は薄れつつあると言われています。しかし、一部のキーワードでは、いまだにURLに日本語を含むサイトが上位を寡占しているという状況が続いているようです。面白いですね。


(次ページに続く)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART