このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

伊藤理絵の“アフィリエイトの謎” ― 第8回

10円が1万円に化ける!? Googleの“PPA”

2007年06月28日 19時00分更新

文● 伊藤理絵 (アフィリエイト研究家)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Q. 最近、GmailのサイドバーやAdSenseの広告で、「ひと月で100万円稼げる!!」といった怪しい文面のものが増えてきている気がします。大手企業のGoogleに掲載されているってことは、これらの広告を信頼してもいいんでしょうか!?

ちょっと怪しい広告
某キーワードを見てみると、軽く怪しいニオイの漂う広告がズラリと出稿されている


“事後確認”という抜け道


 どうも、アフィリエイト研究家の伊藤です。以前の記事でも紹介したように、GoogleやYahoo!の検索結果に表示されるリスティング広告は、アフィリエイターも含め誰でも出稿できます

 Yahoo!の広告媒体である“Overture”の場合には事前の審査がありますが、現状でGoogle AdWordsでは出稿後の確認となっています。つまりAdWordsの場合、極端な話、現状ではアフィリエイトリンクを直接登録すれば、アフィリエイトサイトすら経由せずにいきなり販売サイトにリダイレクトするような出稿も可能なようです。

 一般的にアフィリエイトでは、購入までに必要となるクリックなどのアクションの数が増えるほど、成約率は落ちていくと言われています。つまり、広告→アフィリエイトサイト→販売サイトと誘導するよりも、広告→販売サイトと直接リダイレクトした方が、成約率は高まるわけです。

 例えば、1クリック10円の広告費をかけて、1000円で100アクセスを買って、アフィリエイト報酬5000円のキャンペーンが1つ成約すれば、4000円の売り上げという計算になります。



“禁じ手”で荒稼ぎするアフィリエイターも


 もっとも、AdWordsの場合、この販売サイトに直で誘導する手法はNGで、数日中にはGoogleから広告表示保留の通知が届くそうです。

 しかし、クリック課金型広告(PPC広告)の威力はすごいもので、その数日の間だけでも数万円の報酬が得られるケースも珍しくないとか。そもそも興味のある人だけが広告をクリックするわけですから、成約率が高いのも納得。とはいえ、そういったことを繰り返すとアカウントの停止などになってしまわないのか心配になってしまうのは私だけでしょうか。

Googleからのメール
Googleから届くという広告キャンペーン一時停止のお知らせ。知り合いのアフィリエイターが見せてくれました

(次ページに続く)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART