このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

伊藤理絵の“アフィリエイトの謎” ― 第24回

たまったポイントが現金に変わる、「ポイントサイト」運営の秘密

2007年10月24日 09時30分更新

文● 伊藤理絵 (アフィリエイト研究家)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Q アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)のプログラム紹介で「ポイントサイト」という名前を見かけたんですが、これは何ですか?



「ネットで小遣い稼ぎ」の定番


 こんにちは。アフィリエイト研究家の伊藤です。今回は、インターネットにおける「ポイントサイト」の仕組みを見てみましょう。

 「ポイント」と聞くと、みなさんが真っ先に連想するのは、家電量販店で買い物をした際、価格の10%といった単位で加算されるポイントかもしれません。しかし、今回触れる「ポイントサイト」はそれとは違っていて、無料でもポイントをためて換金できるという「ネットで小遣い稼ぎ」の定番になります。

 
お財布.com
ポイントサイトのひとつ「お財布.com」

 ちょっとした空き時間を使って、月に数万円程度のお小遣いを稼ぐ手段としては、前回紹介した「ブログの記事執筆 」のほかにも、送られてくるメールの広告をクリックしてお金を稼ぐ「リードメール」や、指定のウェブサイトを表示してポイントなどをためる「オートサーフ」が知られています。

 ただし、リードメールやオートサーフで表示される広告やウェブサイトの中には、コンピューターウイルスやマルウェアが含まれるものが、ごく一部に存在する場合があると言われており、利用するにはセキュリティー面で万全を期す必要があります。

 こうしたサービスがなくならないのは、いくら広告を読むだけとはいえ、知らないうちに広告に引き込まれて、気がつけば商品を購入していた、というユーザーが常に一定の確率で存在しているからでしょう。つまり、小遣いを稼ぐつもりが、余計な出費を計上してしまう可能性は否めないわけです。

 そんな危険を冒すことなく、気軽にお小遣いをゲットできる手段として知られているのが、ポイントサイトになります。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART