このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

今年も年始から運試し

Apple Store「Lucky Bag」の中身を大公開!!

2010年01月02日 20時30分更新

文● 倉田吉昭

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Apple Store Ginza
Apple Store Ginza

 2日、国内に7店舗あるアップル直営店「Apple Store」では、毎年恒例となった初売りを実施した。個数限定の「Lucky Bag」(福袋)も3万5000円で販売し、厳寒の中、このバッグを求めて多くの熱心なユーザーが列を作った。同時に、Mac本体や周辺機器が特別価格で購入できる特別セールも開催している(速報記事はこちら)。

 それでは2008年、2009年に引き続き、実際に購入者の列に並んで取材した、Apple Store Ginzaの初売りの模様とLucky Bagの中身をお届けしよう。


午前0時で約50人が並んでいた

 Lucky Bagは例年、オンラインのApple Storeでも予約販売していたが、今年はこのオンラインでの取り扱いがなかった。オンライン組が店頭に流れて来ることが予想されたため、筆者は例年より2時間早く出発して、現地に午前0時頃到着したのだが、この時点ですでに約50人前後が歩道に列を作っていた。

 昨年は午前2時に到着して38番だった。予想通りとはいえ、「激戦」を伺わせる人の出だ。

今年はかなり冷え込むとの予報だったが、午前0時頃の気温は約6度。風もなかったので、防寒対策をしっかりしていた筆者にとって、体感気温は割と我慢できる寒さ。とは言え、地域によっては雪やみぞれに見舞われたところもあり、並んだ方は文字通り命がけだったことだろう……

 その後も人数は増え続け、1時過ぎに100人を突破。そこから4時ごろまでは緩やかに人数が増えていき、午前4時時点で約200人が集結。昨年は200人に達したのが8時前後だったことを考えると、やはり格段に出足が速い。

午前4時30分頃に列の圧縮があり、緩やかな1列が2列縦隊になった。この時点で、銀座店のあるブロックから隣のブロックまで人が達した。人数は約200人前後。どうもこの前後でLucky Bagの予定数に達していたようだ

 午前5時過ぎ、渋谷店で予定数に達したため、列が解散したとの情報がインターネット経由で入る。銀座店でも電車の始発と前後するように参加者が増え始め、一気に列が拡大しはじめる。午前6時時点で銀座1丁目まで列が到達して、人数はおよそ400〜500人前後にふくれあがった。しかし、例年ならそろそろ出るはずの「売り切れ」プラカードは登場せずに、そのまま列は拡大の一途を続けていく。

列の先頭から銀座一丁目まではおよそ300m程度か。2列縦隊であること、後半はほとんど座っている人がいないことを考えると、500人前後は並んでいたのではないかと思われる
午前7時10分頃、恒例となったコーヒーの提供が始まる。この時点で列はさらに拡大し、700〜800人に達していたと思われる。果たして全員にコーヒーが行き渡ったのかが心配だ

 7時半過ぎには、整理券が配布された。例年は整理券が予定数に達するとその後の列は一旦解散していたはずだが、今年は整理券がなくなってもそのまま列が保持され、最大で1000人以上にも達していたという。正確な数は分からないが、いろいろな状況から予想するに、今年の銀座店では200個前後のLucky Bagを販売したとみられる。

筆者は51番。0時ちょうどに来てこの順番なのだから、今年は本当に激戦だった
当初の予定では午前8時のはずだったが、2、3分遅れてのオープンとなった。スタッフの拍手とともに列が店内に流れ込む。筆者も10分ほどで無事にLucky Bagを手にした

 次ページでは、筆者が手に入れたLucky Bagの中身を余さず公開しよう。

前へ 1 2 3 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中