このページの本文へ

今年のアタリは「iPad Air 2」「MacBook Air」「iPhone 6/6Plus」?

アップル、福袋「Lucky Bag」発表! 1月2日午前8時発売

2014年12月26日 07時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
2014年1月1日10時30分ごろの銀座の様子

 アップルは、全国8店舗のApple Storeにおいて、毎年恒例の福袋「Lucky Bag」(ラッキーバッグ)の販売を2015年1月2日午前8時に行なうと発表した。価格は3万6000円(税別、数量限定、売り切れ次第販売終了)。

 また2014年は、Apple Online Storeでも1月2日午前0時01分から午後11時59分まで終日「初売りキャンペーン」を開催していたが今回そういった情報は発表されていない。

 なお、「新春キッズワークショップ」が1月3日、4日、5日に開催されることも発表された。「iPadで写真をもっと楽しもう」「iPadでビデオレターを作ろう」「iPadで曲作りた演奏を楽しもう」の3トピックから選べるようになっている。

今回の告知はかなりおとなしく、例年のような「Lucky Bag」の内容のヒントとなる画像が用意されていない。iOS用アプリ「Apple Store」内で、Appleロゴが確認できる程度だ
Apple Store「Lucky Bag」販売情報
開催店舗 札幌、心斎橋、仙台一番町、名古屋栄、渋谷、表参道、銀座、福岡天神
年始年末の営業時間(8店舗) 2014年12月31日:午前10時開店/午後6時閉店、2015年1月1日:休業、2015年1月3日以降:通常営業
「Lucky Bag」販売日時 2015年1月2日 午前8時開店〜午後6時閉店
福袋 全国8店舗において、「Lucky Bag」を価格3万6000円で販売(税別、数量限定、1人1個、売り切れ次第販売終了)

2014年1月2日の初売りの様子は?

 2014年1月2日の初売り(Apple Store, Ginza)では、2014年1月1日16時30分時点で行列が約800人に到達し、Lucky Bagの販売が終了するという告知がなされた。その他の店舗も次々と1月1日中には販売予定数に達していたようだ。

2013年12月31日の15時30分ごろ、銀座ではすでに20人超の行列ができていた。2014年1月1日10時30分には、行列が200人を突破2014年1月1日16時30分、約800人。銀座1丁目を遥かに超え、京町2丁目をさらに過ぎて八重洲口近くまで到達
2014年1月1日18時時点の
Lucky Bag行列人数(独自調査)
店舗 行列人数
Apple Store,Sapporo(札幌) 50人前後
Apple Store,Sendai Ichibancho(仙台一番町) 約115人
Apple Store,Shibuya(渋谷) 500人以上
Apple Store,Ginza(銀座) 800人以上(打ち止め、1月1日16時30分時点で到達)
Apple Store,Nagoya Sakae(名古屋栄) 400人以上(打ち止め、1月1日14時時点で到達)
Apple Store,Shinsaibashi(心斎橋) 500人以上(打ち止め)
Apple Store,Fukuoka Tenjin(福岡天神) 約150人(打ち止め)

 2013年の場合は、1月1日20時45分の時点で行列が約700人に到達し、Lucky Bag販売が終了。

 また2012年は、開店12時間前の1月1日20時に行列が200人を突破し、1月2日午前8時の開店直前には700人以上が並んだ。Lucky Bagを入手したいなら、1月1日には並び始める必要がある(ただし、行列に早めに並んだからといって“アタリ”が入手できるわけではない)。

2013年の初売りでは、2013年1月1日20時45分に約700人が行列をなし、Lucky Bagの販売が終了するという事態になった(Apple Store, Ginza)。開店時間1月2日午前8時のほぼ12時間前だ
2012年の初売りの行列(Apple Store, Ginza)。先頭の方は1月1日朝8時半頃から並んでいたという2011年1月1日の様子(Apple Store, Ginza)。23時半ごろ、行列の人数が300人を突破2010年の1月2日午前0時時点の行列(Apple Store, Ginza)。撮影時点では約50人が並んでいたのみだったが、午前8時の開店前には行列が1000人を超えた

 行列に並ぶ際には、深夜の気温に注意し、暖かい服装に併せて防寒用の帽子を着用することをお勧めしたい(雨天や雪に注意)。また、飲み物/食料/ゴミ袋を用意してゴミは持ち帰ること、予想以上に地面が冷たいため折り畳み椅子やレジャーマット、寝袋などがあると過ごしやすくなる。

2015年のLucky Bagは何が入っている?

 2014年レポート記事「アップル福袋「Lucky Bag」公開—2014年アタリはMacBook Air、iPad Air/mini」、2013年の「まさかのAir連発! 2013年のApple Store福袋「Lucky Bag」公開」を見てもらうと分かるように、“アタリ”のLucky Bagには「11インチ MacBook Air」、あるいは「iPad Retinaディスプレイモデル」「iPad Air」などiPadシリーズ最上位モデルのどれかが入っていた。

 そして2012年の場合は、Wi-Fi版「iPad 2」「11インチ MacBook Air」「iMac」のどれかだった(「iPad 2続出! Apple Storeの福袋「Lucky Bag」を大公開」)。

 そのため、2015年は「iPad mini 3」や「iPad Air 2」「MacBook Air」が含まれている可能性がある。さらに注目したいのは、SIMフリー版「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」が含まれるかどうかだろう。

2014年の大アタリは11インチ「MacBook Air」 (128GBフラッシュストレージ)。3年連続でMacBook Airが含まれているため、2015年も可能性は高い
2013年の“アタリ”のLucky Bagには、「11インチ MacBook Air」「iPad Retinaディスプレイモデル」のどれかが入っていた(写真は11インチ MacBook Air)2012年のLucky Bagでは、アタリとしてWi-Fi版「iPad 2」「11インチ MacBook Air」「iMac」入りが存在した

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中