このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

予想を超えた大激戦!!

Apple Store「Lucky Bag」今年の中身大公開!

2011年01月02日 23時00分更新

文● 倉田吉昭

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1月2日、全国7ヵ所のアップル直営店「Apple Store」において、毎年恒例となった初売りが実施された。個数限定の「Lucky Bag」も3万円で販売され、多くの熱心なユーザーが深夜から行列を作った。また同時に、Mac本体やiPodなどが特別割引価格で購入できる特別セールも開催されている。

 それではさっそく、実際に購入者の列に並んで取材した、Lucky Bagの中身をお届けしよう。

かつてない超激戦! 10時間前で100人超え!

 2011年元旦は全国各地で大雪に見舞われ、交通機関が麻痺するなどの混乱を引き起こした。Apple Store各店舗でも、あいにくの雨天や雪に見舞われたところもあったようだ。幸いにも、筆者が住む関東地方は晴天で穏やかな天気。徹夜で行列に並ぶにはいい日和だった。

 元旦の事前予想記事(関連記事)で書いたように、今年のLucky Bagはオンライン販売がなく、価格も昨年より手頃になったことから、Lucky Bagの入手が激戦となることを予想していた。このため、今年は昨年よりもさらに時間を早めて出発し、開店10時間前にあたる、1月1日の22時に銀座に到着した。

 しかしすでに行列ができており、この時点で筆者の順番はなんと110番目前後! さらに、あれよあれよという間に列は長大化し、22時半の時点で150人を突破した。これでは終電組でも購入は難しそうだ。

行列の先頭は、例年先頭集団を形成している人々。折り畳みの椅子を用意していたり、夜中にはテントを設営して暖を取り休憩するなど、行列に慣れた熟練者の一団だ到着した時点で、Apple Store銀座のあるブロックのほぼ端から端まで行列が形成されていた。ちなみに22時半時点の気温は、現地の温度計表示で6〜7度。風はほとんどなく、毎年並んでいる筆者の感覚としては「暖かい」ほうだ

 その後も人は増え続け、23時半ごろ、行列の人数が300人を突破。そして1月2日0時40分ごろ、終了札がついに出た。昨年はこの札がなかったために銀座店では1000人以上もの行列ができ、購入できず辛い思いをした方が数多くいた。今年はさすがに反省したのか、きちんと終了札が掲示されたのは評価できる。

昨年はこの札がなかったために辛い思いをした方が数多くいた。今年はさすがに反省したのか、きちんと終了札が掲示されたのは評価できる。列の最後尾は実に2ブロック半先の、銀座一丁目まで到達した

 また、ここまでの列を筆者が独自に数えたところ、およそ400人。少なくとも銀座では昨年の2倍近い人々がLucky Bagを入手できることになったわけで、これも同様に評価したい。

 終了の札が出たあとは、ひたすら”忍の一字”で待つのみ。夜半過ぎからやや風が出始め、肌寒くなってきた。それなりに装備を整えて来ている筆者ですらなかなか辛い。ロクな装備もなしに並んでいる「Lucky bag初心者」にはかなり厳しいだろう。

 整理券が配布されれば、少しは暖の取れる場所で休む事もできるのだが、整理券の転売などが行われることを防ぐために、あえて配布しないのだろう。列の人々は思い思いに近くのファストフード店やコンビニで暖かい飲み物や食料を調達している。もし来年行列に並んでみたいという人がいるなら、「折り畳み椅子」と「帽子」はマストアイテムだと忠告しておこう。

 夜も徐々に明け、空が白んできた6時過ぎに販売規約が提示され、7時に整理券(交換券)が配布された。さらに7時半頃にはコーヒーやiTunesムービーレンタル1本分の無料カードが配布された。そして例年より2時間早い午前8時、待ちに待った開店時間となった。

毎年恒例になった、スターバックスのコーヒーが振る舞われた。寒い中、暖かいコーヒーが胃袋と心に沁みる例年は行列の番号を確認できるのだが、今年はシリアル番号こそ入っているものの、実際の列の番号とは関係ない数だった。これを提示することでLucky Bagが購入できる
並んでいる人にポチ袋が配布された。中身はアップルからのお年玉として、今回初めて配布されたMovie rental Card。この時点で筆者は「Apple TVが入ってくるか?」と思ったのだが……
いつも通りのカウントダウンで開店し、販売が始まった。筆者は確認できていないが、おそらく毎年恒例のハイタッチなども行なわれただろう。一度に20人くらいずつが入店し、購入処理を行なっていた

 それでは次ページで、筆者が入手したLucky Bagの中身を公開しよう。

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中