このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

行列700人で、銀座は早くも打ち止め!

Apple Store銀座Lucky Bag 2013前日レポート

2013年01月02日 01時00分更新

文● 倉田吉昭

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 既報のとおり、1月2日午前8時に全国7ヵ所のアップル直営店「Apple Store」で、初売りに加えて個数限定の福袋「Lucky Bag」(3万3000円)の販売が行なわれる。Lucky Bagは、2004年に初めて登場し、以来日本では毎年1月2日に販売されている。

「Lucky Bag」販売10周年

 今年2013年は、初回のLucky Bagから数えて記念すべき10周年となる節目の年だ。その記念に、筆者はあることを思いついた。2012年開催時の取材結果によると、先頭の方は2012年1月1日の朝8時から並んでいたらしい。ならば、2013年はそれよりさらに早く並びに行けば、行列の先頭に陣取れるのではないだろうかと思いついたのだ。

 別に一番目になったからといって福袋の大当たりを引けるわけではない(というか、筆者は一度も獲得したことがないし、今後も出ないだろう)が、せっかくならトップを取ってみたいというスケベ根性がちょっとあったのだ。そこで、筆者は初売り開始の36時間前、つまり2012年12月31日の20時から並ぶことにして家を出た。

最前列の猛者は12月29日から並んでいた!

2012年12月31日の20時時点、筆者よりも先に5名の強者が。先頭の方は12月29日から、2番目の方は12月31日の午前中から並び始めたとのこと

 2012年12月31日20時、銀座駅からまっすぐ直営店に向かった筆者を迎えたのは、想像を絶する光景だった。なんと、すでに銀座直営店Apple Store,Ginzaには行列が構築されていたのだ。わずか5人とはいえ、行列は行列。2012年の仕事納めを華麗に飾ろうと思っていたのだが、いきなり出ばなをくじかれてしまった。

 先に来ていた方々にお話を伺うと、先頭の猛者は福岡から遠路はるばる来た方で、なんと12月29日から並んでいたという。余談だが、渋谷ではクリスマスから並んでいた方がいたらしい。アップルファン恐るべし。

 とはいえ、6番手というのは決して悪くない位置取り。最初に入店して購入でき、可及的速やかにレポートをお届けする義務のある筆者にとってはベストポジションといえる。持参した年越しソバを食べながら、気温5度以下の銀座の路上でひたすら待つことにした。

12月31日の23時過ぎ、ひとりさびしく持参した年越しソバを食す。行列の間は、いかに自分のモチベーションを保つかが割と重要。自分でイベントを作るのもひとつの手だ2013年1月1日3時過ぎの段階で行列は8人程度。少し風が出てきて、かなり寒い。今年は外国人観光客がかなり多い印象で、しきりに「何の行列なんだ」と尋ねられた
2013年1月1日午前8時、行列は22人。ビルに隠れて初日の出は見えないのが残念だ。気温は7度程度で、例年と比べてもだいぶしのぎやすい
2013年1月1日午前11時、行列は40人前後。スターバックス店員の方々から、行列にコーヒーとマフィンの差し入れをいただいた。寒い中に暖かいコーヒーは五臓六腑に染み渡ります。感謝
2013年1月1日午後12時過ぎ。持参したおせち料理と、雑煮代わりの懐中汁粉を準備。繰り返しになるがモチベーションの維持のために自分を鼓舞する仕掛けは重要だ。決してウケ狙いではない(たぶん)2013年1月1日午後15時、行列が100人を突破。昨年と比較するとかなり早い段階での100人突破だ。行列は銀座3丁目のブロックまで到達。直射日光が当たっているとかなり暖かい
2013年1月1日17時45分、約290人。銀座1丁目のブロックまで到達。18時すぎに300人を突破した。これは例年を遥かに超える勢いだ

前へ 1 2 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中