このページの本文へ

ASUSTeK「P7P55 WS SuperComputer」

ASUSTeK、「P55」+「nForce 200」のハイエンドマザー!

2009年09月10日 22時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSTeKから「P55」を搭載したLGA 1156対応マザーボード「P7P55 WS SuperComputer」が発売となった。

「P7P55 WS SuperComputer」
ソケット周りから「nForce 200」を経由し「P55」へとヒートパイプで接続。マルチGPUはATI CrossFireXと3WayのNVIDIA SLIをサポートする「P7P55 WS SuperComputer」

 同社のワークステーション向けシリーズに属する「P7P55 WS SuperComputer」。「P55」のほか、PCI Express 2.0ブリッジ「nForce 200」を追加し、PCI Express 2.0 x16形状のスロットを全部で5本搭載するのが特徴だ。
 拡張スロットの構成をまとめるとPCI Express(2.0) x16×4(動作モードはx16+x0+x16+x0/x16+x0+x8+x8/x8+x8+x16+x0/x8+x8+x8+x8)、PCI Express x4×1(x16形状)、PCI Express x1×1、PCI×1という構成。もちろんマルチGPUはATI CrossFireXと3WayのNVIDIA SLIをサポートする。なお、メモリスロットの構成はDDR3 DIMM×4(DDR3-2133(OC)/1600(OC)/1333/1066、16GBまで)。
 オンボードインターフェイスは、Realtek/RTL8112DLによるデュアルギガビットイーサネットやRealtek/ALC1200による8ch HDサウンド、IEEE1394(VIA/VT6308S)、Serial ATA II×6など。FDDポートとIDEはない。なお、付属品にNVIDIA 3Way SLI用ブリッジコネクタ、2Way SLIブリッジケーブルが付く。価格はツクモパソコン本店とTSUKUMO eX.で3万1980円、アークとT-ZONE.PC DIY SHOP、ソフマップリユース総合館で3万2800円となっている。

拡張スロット
PCI Express(2.0) x16×4の動作モードはx16+x0+x16+x0/x16+x0+x8+x8/x8+x8+x16+x0/x8+x8+x8+x8。ワークステーション向けだがゲーマー向けのハイエンドモデルとしても通用する構成だ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中