このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

TH2久寿川先輩の悩殺スク水メイドは本物を凌駕! 海洋堂もCastOFFで介入行動発令!

2007年12月19日 16時30分更新

文● 藤山 哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今、フィギュアネタが台湾で熱いっ!
 ことの発端は、台湾で開催されている海洋堂をフューチャしたフィギュア展。台北市立の美術美術館が、1階の大広間でやっちまったのはマズかった……。
 女性議員がこれを見てしまって「花了人民的770萬,用一樓整個大廳在〓海洋堂,這樣的公司做一個商品的推展,是不是台北市立美術館,已經淪為一個商品的〓窗,這美少女娃娃〓會不會太強調這個〓大胸大」(〓は日本語で表現できない漢字)と発言。Exciteの機械翻訳を元になんとなく日本語にしてみると、こんな感じらしい。

人民から770万(入場料?)を取って、市営美術館の1階大広間を使い、海洋堂という1社の商品を展示するのはいかがなものか?

 ここまでは、言い分も分かる。

 ある美少女フィギュアには呆れた。あまりにも大きい乳、胸を強調しすぎではないのか!

 んがっ! こんなツッコミ筆者にはできネー!
 女性議員さんのツッコミの才能に軽い嫉妬を覚えたぞ!
 その議員さんのお怒りの様子は、新聞社のWebサイトからムービーで見て欲しい。記事へのリンクはこちらの天空新聞
 言ってることはサッパリ分からないが、なんか怒ってるし。挙句のはてには、記者が小学生に対して「服が小さすぎると思いませんか?」「(半脱ぎのフィギュアを前にする少年に対し)何でアナタの顔は赤いんですか?」とか言い出す始末。をいをい! 答えを誘導してるだろって!(笑)
 とにかくMADビデオ以上に面白いので、ぜひ見て欲しい!
 気になるのは、台湾の同志マニア(中国語では“御宅”らしい)たちの反応。あるBlogサイトでは「犬のク●みてーな発言しやがって!」(と、読めた)やら「乳が小さければOKなのか」(と、読めた)などという批判が相次ぎ、祭りが始まっている。
 ささっ!ASCII.jpも女性議員に見つからないうちに、コソコソとパンツの紹介をしていこう! なおママンが議員という読者は、学校や会社でこっそり楽しんで欲しい! IEのキャッシュに画像を残すなよ!

ムッシュボーメシリーズ第1期ファイナル!

 話題を提供してくれた台湾からの海洋堂つながりで、本日トップはムッシュボーメシリーズ第1期のファイルナルとして販売開始された“晶”(あきら)さん!

パッケージ表 パッケージ裏
これまでもハイクオリティな作品を続々リリースしてきたシリーズの第1期ファイナルだ

 この娘は、人気イラストレータの矢野 たくみ氏&香川 友信氏が運営するサークル「スカポン堂」のオリジナルキャラ(作画は矢野氏)という。99年の夏のワンフェスでガレキとして登場し、このたびファイナルとしてPVC化されたというものだ。
 そして我々ASCII.jp取材班は、見逃さなかった! パッケージ裏の細かい説明には、こんなことが書かれていたのだっ!

PVC商品化にあたっては、矢野さんからのリクエストもあり、ビスチェとスカートの脱着ギミックを導入しました。 

 なんと! 海洋堂がキャストオフを採用! その心意気も買うが、保険の約款のような小さな文字も見逃さない編集担当! キミは明日から総理大臣だ! にしても、それを見逃さずして、筆者の誤字脱字は見逃すのは何故だっ!
 ということで、見るに耐えない海洋堂の武力行使のため、ソレスタルビーイングASCII.jp駐在所の我々は介入行動に入った!

何気ないポージングだがエロ臭がする晶さん あまりにも大きい乳、胸を強調しすぎではないのか!
流行の目の入れ方ではないため、美少女か?という問に対しては、答えが真っ2つに分かれそうだ

 あまりにも大きい乳、胸を強調しすぎではないのか! と発言してみるが、やはりオリジナルほどの破壊力はない。クソ~、おばちゃん議員のフィギュア批評に負けるとはっ!

見えそうで見えないパンツの隠し方! どこから見ても手が掛かっているのが分かる作り込み
まったくもって、鬼造型である!

 編集担当は「ミロのビーナス像は、絶対実用の等身大フィギュアっすよ。アレ見てみんなで“しゃせい”大会ってな具合に。今のフィギュアだって、2000年経って手が折れちゃったりしたら、大英博物館に展示されちゃいますよ」ってなことを言ってたが、まさにコレがそうなんじゃないか? というデキである。

エロス漂う背中 赤ちゃんプレイを思わせるよだれかけのようなカラー
デキのイイフィギュアってのは、どの角度からでも絵になる! それを証明してるでしょ?

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社