このページの本文へ

窓の円盤を何万枚も売った女が語る 『そんなの業界じゃあたりまえっちゃ!』第32回

販促の商談でまさかのムフフワードが出てきた瞬間

2017年06月07日 17時00分更新

文● イラスト●せれろんやまだ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 最近は少しばかりおとなしくなりましたが、ここ10年くらいでかなり多くなった「ゆるキャラ」。同時期、自作PC業界では、ゆるキャラではなく「美少女キャラ」が目立つようになりました。メーカーも、販売店も、1企業1美少女キャラ? というくらい数が増えています。

 そんな美少女キャラ、私が担当していたM社でもついにやることになりました。が、開始当時はやはり賛否両論あったのですよ。自作PC業界の方々は、それなりに漫画やアニメなどのサブカルをたしなむ方がいらっしゃったので、美少女キャラの受け入れも早かった……と思うのですが、やはりそれを知らない男性陣や、女性陣からは「なぜ美少女キャラなの!?!?」と質問を受けることがしばしば(ヤマダ自身はそれなりにサブカルをたしなむ派だったので、美少女キャラはネタ的にも賛成)。

 まぁアキバから全国へ、ということで、サブカルとのコラボレーションは効果あるのではないか、と、キャラを使った販促は進んでいくのでした。

 販促が進む……となると、必要不可欠なのが「販売店の担当さんとの商談」。いつもは、やれ製品情報が遅いだの、やれ目標設定がウザイだの、喧々囂々としている商談タイムですが、このキャラを使った販促の商談のときは別物。というか、普通こういう話取引先としないよね、な発言が飛び交うのでありました。

 あ、ここから先、女性についての表現が多くなりますので苦手な方はご注意ください(笑)。

せれろんやまだ

 大手PC関連デバイス販売代理店で敏腕を誇った“姐御”。現在子育てに悪戦苦闘中。IT業界の“あるある”から“困った”をブッタ切っていくぞ!

この連載の記事

ようこそ、ASCII倶楽部へ

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!