このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣の「神アプリの説明書」第90回

写真の暗いところだけを明るくできるiPhoneアプリ「Instaflash Pro」を徹底解説

2016年09月14日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhoneで撮影していると、暗かったり、見た目と色が違ったりすることがある。とは言え、撮影機能がそれほど充実しているわけではないので、そのまま撮ってしまうことになる。そんな写真をSNSにアップする際などはレタッチして見栄えよくしたいもの。今回は、ハイレベルなレタッチを超簡単に利用できる「Instaflash Pro」の使い方を紹介しよう。

「Instaflash Pro」なら、暗めの写真もワンタッチで賢くいい感じに仕上げてくれる

賢い露出調整機能で人気のアプリが超絶高機能化!

  Anlei Technology Inc.が手がけるフォトレタッチアプリ「Instaflash Pro」は、もともと「ACDSee Camera Flash」というアプリだった。明るさを調整するアプリなのだが、一般的な画像編集機能の露出機能と異なり、暗くて黒つぶれしているように見える部分のみを明るくしたり、明るくて白飛びしている部分のみを暗くしたりできるのがウリ。普通の明るさとして移っている部分はそれほど変化しないので、全体的に人間の目で見たような自然な感じにレタッチできるのだ。

 これだけでもすごいのだが、アプリ名の変更を経ていろいろと高機能化し、今では総合的なレタッチが可能になっている。基本的なトリミングやコントラスト比の調整から、ノイズ除去やフォーカスのレタッチなども可能なのだ。

 SNSやブログに写真をアップすることが多く、なんか照明が足りないなぁと感じているなら要チェックの神アプリだ。

Instaflash Pro App
価格600円 作者Anlei Technology Inc.
バージョン4.0.1 ファイル容量16.4 MB
カテゴリー写真/ビデオ 評価(4.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 8.1以降
アプリをインストール。2016年9月13日時点の価格は600円アプリの起動画面。画像をアルバムから選ぶか、撮影するか選べる
撮影済みの写真から選んでみるレタッチ画面が開く。下のメニューから利用したい機能を選ぼう
「シャドウ」のゲージを右に動かすと、暗い部分が明るくなる試しに、標準アプリの編集機能で明るさを最大にした状態。右上のボトルの明るさが全然違うのがわかる
ゲージの左側のアイコンをタップすると、オリジナル画像と手軽に比較し、レタッチの効果を確認できるのが便利
夕方で暗く写ってしまった伊豆の海だが、「シャドウ」を上げることで海の青さがわかるようになった
逆光で撮った写真の遠くのホテルまで綺麗にすることができる
右上の共有ボタンからカメラロールに保存したり、ほかのアプリに受け渡したりできる

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART