このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣の「神アプリの説明書」第94回

送信キャンセルも可能に! 4年ぶりにリニューアルiOS版「Gmail」を徹底解説

2016年11月16日 10時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4年ぶりにiOS版のGmailアプリがリニューアルした。UIが刷新され、送信したメールのキャンセルや、左右フリックによるアーカイブなども可能になった。今回は、リニューアルした「Gmail」の使い方を新機能を中心に紹介する。

大きくリニューアルした「Gmail」アプリ。最新のAndroid版にデザインを統一させてきた

左右フリックでメールをばんばんアーカイブできる

 11月7日、「Gmail」アプリがリニューアルした。2012年以来、4年ぶりの大きなバージョンアップだ。UIを改善し、デザインは現行のAndroid版Gmailアプリとほぼ同じ見た目になった。

 メイン画面は上部の赤いタイトルバーが目を引く。左上のボタンがメニュー、右上が検索、右下が新規メール作成、とシンプルなので誰でも迷わず使えるだろう。メールをタップすれば全文が表示されるが、一覧で左右にスワイプするとアーカイブできるようになった。アーカイブすれば、通常の画面には表示されなくなる。不要なメールや返信する必要のないメール、処理済みのメールなどはばんばんアーカイブして受信トレイをすっきりさせよう。スワイプは左右どちら方向でもOKで、違いはない。なお、設定でスワイプすると、アーカイブではなく「ごみ箱」に移動させるようにもできる。

 なお、アーカイブしたメールは「すべてのメール」で確認できる。もちろん、それ以上フリックしても何も起きない。元に戻したいなら、メニューから「受信トレイに移動」をタップすればいい。複数メールを選択した状態でもOKだ。

新しくなった「Gmail」アプリの画面左右どちらかにフリックすると、アーカイブできる
アーカイブされ、一覧から消えた。誤操作なら、数秒以内に画面下の「元に戻す」をタップすればいいメニューから「すべてのメール」を開けば、アーカイブしたメールも確認できる。アーカイブされたメールをフリックしても何もおきないメニューから「受信トレイに移動」をタップすれば、元に戻せる

PC版やInboxのように送信キャンセルができるようになった

 PC版のGmailやInboxアプリではすでに搭載されていた機能だが、送信後のキャンセルができるようになった。5秒以内に画面下に表示されるバーの「元に戻す」をタップすればいい。PC版では最大30秒まで延長できたが、アプリ版だと5秒固定なので見逃さないように。

 送信機能は変わらず。PC版のGmailで複数のアカウントを設定済みなら、「送り主」をタップすることで切り替えられる。Gmailアプリでは追加できないのだ。また、端末内の写真はもちろん、Googleドライブ内のファイルも添付できる。複数ファイルをまとめて追加することも可能だ。

右上の青い紙飛行機アイコンをタップして送信する誤送信なら、画面下の「元に戻す」をタップする
メールの作成画面に戻る「送り主」をタップすると送信アカウントを選択できるクリップアイコンをタップすると添付ファイルを付けられる

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART