このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「神アプリの説明書」第95回

ITクラスタで決定版チャットアプリ「Slack」を徹底解説

2016年11月23日 10時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「Slack(スラック)」は2014年に登場した、コミュニケーションツールだ。チャットやメッセージツールは数え切れないくらいあるが、ITカテゴリーのビジネス用途で急速にユーザーを増やしているので注目を集めている。今回は、今話題のチャットアプリ「Slack」の使い方を紹介しよう。

ビジネス上のやりとりは「Slack」でサクサク確実に処理できる!

急速にユーザーを増やしているビジネス向けコミュニケーションツール

 「Slack」は1日に300万人以上が使っているコミュニケーションツールで、ざっくり言うとチャットアプリのひとつ。2014年2月にリリースさればかりのまだ新興のサービス。口コミで広まったリーンスタートアップとは言え、すでに爆発的な人気を集め、マイクロソフトやFacebookが最近Slackに対抗するためのアプリをリリースするほどの注目度だ。

 シンプルでおしゃれなUIを気に入る人、さまざまなサービスと連携させて活用する人、豊富な機能を求める人など、ファンは多岐にわたる。Slackは多彩な機能を備えるが、まずは実際に使ってみよう。

 アプリは無料で、対応OSはiOS、Android、Windows 10 Mobile、Windows、Macと充実している。有料プランもあるのだが、フリープランでもログの検索や閲覧が1万件まで可能。最大10種類のサービスと連携でき、チームで5GBまでのストレージ容量を利用できる。試用なら問題ないし、小中規模のプロジェクトであればこれでも十分というケースも多い。スタンダードプランの場合、年払いすると月あたり6.67ドルで、無制限の検索や連携ができ、ストレージ容量は一人あたり10GBにアップ。加えて、Google OAuth認証や2段階認証などの機能を利用できるようになる。さらに上のプラスプランやエンタープライズプランもある。現在のところは日本語版はないが、メニューの英語は簡単なのでチャレンジしてみよう。

 アプリをインストールしたら、まずはチームを作成する。最初はアカウントを持っていないと思うので、メールアドレスを登録して作成しておく。チーム名やチームのURLも取得しよう。作成したら、利用するメンバーのメールアドレスを入力して招待する。アカウントを作成したら、まずは自分のアイコンを登録することをお勧めする。名前だけだと誰の投稿なのかすぐに把握しにくいためだ。

「Slack」をインストールするまずは「Create a new Slack team」をクリックしてチームを作成する
手順に従ってアカウントを作成するメールアドレス、チーム名、URL、ユーザー名などを設定する
チームが作成できたので、追加したいユーザーのメールアドレスを入力して招待しよう。完了したら左上の×をタップするSlackのメイン画面が開いた招待メールを受け取った人は、メール内のリンクからアクセスできる。初めての場合はアカウントの作成からスタートする

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART