このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「神アプリの説明書」第87回

iPhoneとスマホやPCのデータを送受信できる「Pushbullet」を徹底解説

2016年08月10日 10時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スマホとPC間で情報をやり取りする方法はたくさんある。URLはメール、ファイルはクラウドストレージといった使い方もありだが、それらをまとめて手軽にあらゆるプラットフォームで共有する方法がある。それが神アプリ「Pushbullet」。今回は、iPhoneとほかのスマホやPCとデータをシームレスに送受信できる「Pushbullet」の使い方を紹介しよう。

スマホ・PC・ブラウザ、複数のプラットフォームを駆使する人に一押しのお手軽データ共有アプリ「Pushbullet」

マルチプラットフォームの無料データ転送サービス

 PCで閲覧していたウェブページの続きをスマホで読みたい場合、URLを自分に送る方法はいくらでも考えられる。そんななか、一度体験して欲しいのが「Pushbullet」だ。マルチプラットフォームのデータ共有アプリで、チャットのようにテキストやファイルのやり取りができるのが特徴。FacebookメッセンジャーやLINEのような画面なので、誰でも迷わずに使えるのがウリ。自分だけが見られるタイムラインでやり取りすれば、誤送信などによる情報漏洩も心配ない。

 iOSとAndroidに加え、Windowsのアプリ、Chrome/Firefox/Operaなどブラウザの拡張機能などが揃っており、さまざまな環境でデータの送受信が行なえる。アプリは無料で、フリープランなら利用料もかからない。アプリや拡張機能は「Pushbullet」のウェブサイトからダウンロードできる。

 まずは、アプリとPCのChromeブラウザーを連携させてみよう。まずは、iOSアプリをインストールして、サインイン。今回はFacebookアカウントを利用した。続いて、PCのChromeブラウザに拡張機能をインストールしたら準備完了。ブラウザのボタンをクリックし、表示中のURLを転送してみよう。

Pushbullet App
価格無料 作者Pushbullet
バージョン3.1.3 ファイル容量10.7 MB
カテゴリー仕事効率化 評価(4)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 9.0以降
スマホアプリをインストールし、FacebookもしくはGoogleアカウントでサインインする
マルチプラットフォームで連携できるのが特徴
PCのChromeブラウザーで拡張機能をインストールする
ツールボタンを押すとウィンドウがポップアップするので、ペースとして飛行機アイコンをクリックする
iPhoneに即着信があり、URLが表示された。URLをタップすると、Safariが起動し、ウェブサイトを閲覧できる

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART